東村山3・4・15の2号新東京所沢線(清瀬橋) 進捗状況2021.2

清瀬市で事業が行われている東村山3・4・15の2号新東京所沢線(清瀬橋)の進捗状況を見てきました。

都心方面から所沢方面に計画されている放射第7号線新東京所沢線のうち、清瀬市内のけやき通り都県境付近までの道路を新設するものです。

事業概要

東村山3・4・15の2号新東京所沢線清瀬市中清戸から清瀬市中里に至る延長2,320mの都市計画道路です。このうち、上記で示すけやき通り~清瀬橋の区間で道路を新設する事業を行っています。

事業認可は2006年7月24日、施行者は東京都です。延長は約930mで、幅員18mの2車線となる計画です。

施行者東京都
延長約930m
幅員18m
車線数2
事業施行期間2006年7月24日~2022年3月31日
2020年8月31日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

周辺の道路

放射第7号線大泉学園町付近から東所沢付近にかけて連続的に整備が行われています。埼玉県では「東京都とのスクラム強化による道路整備」として整備を進めています。

これらの道路が完成すると、皇居付近から狭山日高IC付近まで1本の道で繋がることになります。

それぞれの区間については下記をご覧ください。

写真等

撮影位置はこの通りです。

①けやき通りから見た様子(地図

けやき通りから北側が事業区間となります。家電のデンキチがある付近です。

この付近ではいまのところ工事は行われていないようです。

②家電のデンキチの裏側(地図

家電のデンキチの駐車場は計画されている道路で分断される計画です。

この先の区間では水道工事が行われています。

工事件名は「清瀬市中里三丁目1000番地先から同市上清戸二丁目7番地先間配水小管新設及び布設替並びに導水管撤去工事」で、2021年5月下旬までの予定で株式会社光匠が施工しています。

③中間付近(地図

このように用地取得地が連続しています。

東京都のサイトによると、2020年4月1日現在の用地取得率は100%とのことです。

2021年2月には、この路線で電線共同溝を整備する工事「街路築造工事のうち電線共同溝設置工事(2北北-東村山3・4・15の2[清瀬橋])」の入札が開札されましたが、不調となりました。完成は少し伸びそうですね。

④中間付近より北側(地図

この先の区間では擁壁設置工事が行われています。

写真で見えている範囲では擁壁は設置されていませんが、同工事で関連して「仮排水溝」と「防草シート」の設置がされています。

工事件名は「街路築造工事のうち擁壁設置工事(31北北-東村山3・4・15の2 清瀬橋)」で、2021年3月中旬までの予定で株式会社入江建設が施工しています。

⑤斜面地の上(地図

北側の区間では、柳瀬川に向かって斜面となっています。

擁壁はこの斜面地の道路と隣地の境界部分の高低差を処理するために設置するもののようです。情報公開されている工事設計書によると、設置される擁壁の一部には補償代行擁壁も含まれているようです。

⑥擁壁工事中(地図

写真左側のように擁壁の設置が進められているようです。

⑦中里団地バス停付近(地図

擁壁設置工事の工事区間はこの付近までです。右側には資材等が置かれていました。

⑧中里団地バス停付近より南向き(地図

将来は写真正面方向に道路ができる予定ですが、まだまだ時間がかかりそうですね。

⑨清瀬橋(旧)(地図

柳瀬川を横断する清瀬橋付近では、柳瀬川の整備とともに、旧清瀬橋の架け替えが行われています。

現在、正面で橋の架け替えを行っているところで、道路は右に切回しされています。

工事件名は「柳瀬川整備工事(その23)」で、2022年1月26日までの予定で有限会社今村組が施工しています。

現在工事をしているのは、柳瀬川の旧河道にある(旧)清瀬橋の部分です。

柳瀬川は既に付け替わっていますが、工事設計書によると(旧)清瀬橋も架け替えられる予定で、橋の下にはせせらぎ水路が整備される予定のようです。

⑩柳瀬川下流より見た様子(地図

右側が(新)清瀬橋で、切回し道路部分は現在は盛土されています。

撮影日:2021年2月22日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

  1. 匿名 より:

    いつも楽しみに拝見しております。
    2つ目の地図の左上の駅は東所沢駅と思います。

タイトルとURLをコピーしました