八王子南バイパス ゆりのき台地区側道が交通開放 寺田地区では車道切回し 進捗状況2022.3

八王子市で事業が行われている国道20号八王子南バイパスの進捗状況を見てきました。

ゆりのき台地区では、通行止めにして行われていた側道工事が完了し、再度交通開放されていました。さらに、寺田地区では、橋梁工事に伴い、車道の切回しが行われていました。

事業概要

八王子南バイパス八王子市北野町から八王子市南浅川を結ぶ全長約9.6kmの道路です。都市計画道路名称は八王子3・3・2号東京八王子線

事業者は国で、国道として整備が計画されています。現在既に暫定的に整備されている部分は市道となっている部分もありますが、将来は国道となる見込みです。開通時期は「お答えできない」として現時点では未定・非公表のようです。
2021年4月27日付の記者発表により、八王子市大船町~館町間(ロピア付近より以西)について、今後5か年程度での開通と発表されました。

道路規格は第4種第1級で、本線部分は往復4車線設計速度は60km/hで計画されています。現在の国道20号のバイパスとして建設が進められています。

なお、現在のように高尾山インター方面に至るルートは、1997年2月24日の都市計画変更によって決定されました。
それまでは北野町から西へそのまま伸び、現在の椚田遺跡公園通りが八王子3・3・2号で町田街道とぶつかる予定でした。
この都市計画変更によって椚田遺跡公園通りの東側区間や八王子3・4・8号大塚小比企線などのルートも一部変更された他、同時に八王子1・3・1号首都圏中央連絡道路(圏央道)高尾山インター(当時は八王子南インターという仮称だった)~神奈川県境間も都市計画決定されました。

 

八王子南バイパスは大部分が他の幹線道路と立体交差する計画で建設されています。

施行者
延長約9.6km
幅員22~51.6m
事業化1997年度
部分開通町田街道~高尾山インター間
約2.6km
2010年7月31日15時
都道八王子城山線~市道めじろ台寺田線間
約300m
2015年3月27日14時
2020年5月7日現在

八王子南バイパスの東側では、別に日野バイパス(延伸)、日野バイパス(延伸)Ⅱ期の事業が行われています。日野バイパス(延伸)・Ⅱ期については下記をご覧ください。


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

記事の構成上、上記の通り分割して掲載します。(この記事独自の分割構成です)

寺田地区~片倉地区間では工事が行われていなかったため、掲載は割愛します。

本記事中の工事内容等は、入札公告や情報公開されている工事設計書に基づいたものです。ただし、大きく設計変更がされていることも多く、実際の施工内容とは異なっている可能性があります

工期は3月19日時点のものです。現在は延伸されている可能性があります。

①八王子医療センター付近

現場で確認したものであり、工事位置や内容は異なっている可能性があります。

八王子医療センター付近では、上記赤色で示したような工事が行われていました。P3橋脚以西の床版工事が完了していたほか、八王子医療センター側の北側法面で新しく工事が始まっていました。

館高架橋P3橋脚以西の上部工

①医療センター入口交差点(地図

町田街道と交差する医療センター入口交差点では、本線の高架橋工事が行われています。仮称は「館高架橋」で、写真手前からA1橋台、P1橋脚、P2橋脚、P3橋脚・・・と続きます。

②P3橋脚以西の上部工(地図

これまで、本線高架橋のP3橋脚西側で行われていた床版工事は完了していました。

館高架橋 橋台・橋脚工事

館高架橋のA1橋台、P1橋脚を設置する工事が行われています。

工事件名は「R2国道20号八王子南BP館地区改良他工事」で、工期は2022年3月24日までの予定で、施工者は松本土建株式会社です。

③A1橋台とP1橋脚(地図

既に橋台、橋脚の工事は概ね完了しており、埋戻しなどを行っているように見えました。

この工事の完了で、館高架橋の下部工は完了となります。既に、町田街道を跨ぐ区間の上部工の施工者が決まっており、時期に着工となりそうです。

医療センター側法面掘削

八王子医療センター側の道路北側法面では、擁壁撤去と法面の掘削工事が行われています。

工事件名は「R2国道20号BP改良他工事」で、2022年3月31日までの予定で、世紀東急工業株式会社が施工しています。

④法面掘削状況(地図

この部分にあったブロック積み擁壁と法面の掘削を行うもののようで、当該部分の歩道を切回しながら工事を行っていました。八王子医療センター側の法面の工事を行うのは、この工事が初めてとなります。

この工事に伴い、館ヶ丘北バス停の医療センター方面向きについては、バス停の移動がなされています。

現場に掲示されていたお知らせによると、この工事に伴い、自転車置き場も移設されています。

このお知らせを見る限りでは、この工事で道路予定地のすべての法面を掘削するわけではなさそうですね。

擁壁工事

館小中学校の北側斜面では、擁壁工事が引き続き行われています。

工事件名は、「R2国道20号八王子南BP館地区改良その16工事」で、 工期は 2022年3月31日までの予定で、施工者は成友興業株式会社です。

工期が2ヶ月延伸されています。

⑤擁壁の工事状況(地図

2022年3月19日時点では、擁壁の工事が進み、擁壁にコンポジットパネルの設置がなされていました。工事に伴い、擁壁下側の歩道が通行止めになっています。

⑥上側から見た様子(地図

擁壁上部の法面の保護なども進んでいました。

医療センター交差点前の切土工事

医療センター交差点の横では、市道横山92号線を医療センター駐車場正面に付け替えるために、切土や地山補強土壁工を行う工事が行われています。

工事件名は「R2国道20号八王子南BP館地区改良他工事」で、工期は2022年3月24日までの予定で、施工者は松本土建株式会社です。

⑦医療センター交差点より工事箇所(地図

正面の市道横山92号線を左側に付け替える予定ですが、この工事では切替えまでは行わない模様です。

ここから見る様子では、昨年11月と比べると法下の掘削が進んでいますが、大きな変化がないですね。

館第二トンネル工事

医療センター交差点の東側では、本線の函渠(トンネル)を設置する工事が行われています。トンネルの仮称は「館第二トンネル」です。

工事件名は「R2国道20号八王子南BP館第二トンネル工事」で、工期は2024年3月29日までの予定で、施工者は鹿島建設株式会社です。

⑧都立翔陽高校前(地図

八王子医療センター東側の、都立翔陽高校前では、4車線だった道路を2車線にし対面通行化したうえで、トンネル建設工事が行われています。この既存道路直下にトンネルを建設する計画です。現在は、南側斜面で工事が行われているようでした。

2021年11月の時点では、対面通行化したセンターライン部分にAバリが設置されていましたが、現在は撤去されています。

⑨東側端付近(地図

2021年11月と比較すると、北側のケヤキについては半分程度伐採が進んでいました。また、都立翔陽高校側のブロック積み擁壁が撤去され、法面にモルタルのようなものが吹き付けられていました。

この記事は2ページ以降もあります。

コメント

  1. 医療センター通院者 より:

    立体交差のオーバーパスは別の場所で組みたてたものを一気にかけるんでしょうね。
    浅川トンネルはだいぶ前に開通してますし、これで高尾山ICまで行くと便利になって嬉しい限りです。そうそう、小仏トンネルの新線も鋭意進行中のようで、見どころが沢山あって忙しくなりそうといったところでしょうか。

    • yunomi-chawanyunomi-chawan より:

      トラックに積める大きさと重さに限界があるので、小さな橋ではそれも可能ですが、ここくらいになるとできません。
      設計図面によると、医療センター側の上下線の隙間で工事ヤードを設置し、少しずつ組立ながらスライドさせて架設(送り出し架設工法)する計画のようです。

      小仏トンネルですが、なかなか近づける場所がないので、様子を見たくても見られないので見合わせています。

  2. 匿名 より:

    いつもありがとうございます。昔住んでいた地域に近いので、興味深く拝見しています。
    末梢的な指摘(誤字)で恐縮ですが、翔陽高校が称揚高校になっています。

  3. yunomi-chawanyunomi-chawan より:

    2022年4月1日 7:44 AM(JST)に投稿されたコメントは、個人あるいは特定の団体への誹謗中傷を含むため削除しました。
    なお、該当ユーザーは今後コメントできない措置を行っています。
    悪質な場合は警察に相談します。

タイトルとURLをコピーしました