八王子3・3・10号東京環状線 進捗状況2022.3

八王子市で事業が行われている八王子3・3・10号東京環状線の進捗状況を見てきました。

事業概要

八王子3・3・10号東京環状線八王子市鑓水字大芦から八王子市滝山町一丁目に至る延長約10,800mの都市計画道路です。このうち上記で示した区間では道路を新設する事業を行っています。

事業認可は2016年2月26日、施行者は東京都です。

事業延長は約755mで幅員25mの2車線となる計画です。なお、一部区間はトンネル構造となる計画です。

施行者東京都
延長約755m
幅員25m
事業施行期間2016年2月26日~2024年3月31日
2020年10月25日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

①釣り具店前(地図

国道16号東京環状の釣具店(キャスティング)付近からそれて道路ができる計画です。

東京都のサイトによると、2021年4月1日現在の用地取得率は38%で、1年前と比較して7ポンと増加しました。

②トンネル予定地南側坑口付近(地図

この付近から山田川南側付近まではトンネルとなる計画です。写真正面はトンネルの南側坑口となる付近です。

前回訪問の2020年10月と比較すると、何軒かの建物が更地になっていました。トンネル予定地の上も何ヶ所か更地になっています。

③山田川北側住宅地(地図

こちらも2020年10月と比較すると、更地になっている箇所が増えていました。

現時点で、この道路に関する工事は行われていません。

④八王子実践中高校南側(地図

この区間は現在ある道路を両側に拡幅するような計画で、ところどころで取得済み用地が見られました。

⑤八王子実践中・高校付近(地図

八王子実践中・高校の敷地は今のところ変わっていません。

⑥実践高校交差点(地図

事業期間北側の実践高校交差点です。

ここからの景色もほとんど変化してないですね。

撮影日:2022年3月19日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0580)

コメント

  1. 環状6.5号線 より:

    整備主体は東京都と言うことで、完成後は東京都道として供用されることが考えられますが、これは国道16号現道を都道に格下げを見越してのことでしょうか。

    流石に国道16号現道を国道のまま、此処の「プチバイパス」を都道として供用することは考えられない(逆は全国的にはよくある)ですが、東京都のことだから新滝山街道や東八道路の様に、新道=都道府県道、旧道は国道と言う逆パターン(ドライバー泣かせw)もあるかも知れません。

    • yunomi-chawan yunomi-chawan より:

      都道として供用される予定です。

      国道20号については、八王子バイパスが無料化したことに伴い、現道区間は移管の計画がありますが、その時期については不明です。

タイトルとURLをコピーしました