八王子南バイパス 進捗状況2022.11

八王子市で事業が行われている国道20号八王子南バイパスの進捗状況を見てきました。

館地区では館第二トンネル(仮称)の建設が進んでいるほか、寺田・大船地区では大船寺田高架橋(仮称)の建設が続々と始まっています。

事業概要

八王子南バイパス八王子市北野町から八王子市南浅川を結ぶ全長約9.6kmの道路です。都市計画道路名称は八王子3・3・2号東京八王子線

事業者は国で、国道として整備が計画されています。現在既に暫定的に整備されている部分は市道となっている部分もありますが、将来は国道となる見込みです。開通時期は「お答えできない」として現時点では未定・非公表のようです。
2021年4月27日付の記者発表により、八王子市大船町~館町間(ロピア付近より以西)について、今後5か年程度での開通と発表されました。

道路規格は第4種第1級で、本線部分は往復4車線設計速度は60km/hで計画されています。現在の国道20号のバイパスとして建設が進められています。

なお、現在のように高尾山インター方面に至るルートは、1997年2月24日の都市計画変更によって決定されました。
それまでは北野町から西へそのまま伸び、現在の椚田遺跡公園通りが八王子3・3・2号で町田街道とぶつかる予定でした。
この都市計画変更によって椚田遺跡公園通りの東側区間や八王子3・4・8号大塚小比企線などのルートも一部変更された他、同時に八王子1・3・1号首都圏中央連絡道路(圏央道)高尾山インター(当時は八王子南インターという仮称だった)~神奈川県境間も都市計画決定されました。

 

八王子南バイパスは大部分が他の幹線道路と立体交差する計画で建設されています。

施行者
延長約9.6km
幅員22~51.6m
事業化1997年度
部分開通町田街道~高尾山インター間
約2.6km
2010年7月31日15時
都道八王子城山線~市道めじろ台寺田線間
約300m
2015年3月27日14時
2020年5月7日現在

八王子南バイパスの東側では、別に日野バイパス(延伸)、日野バイパス(延伸)Ⅱ期の事業が行われています。日野バイパス(延伸)・Ⅱ期については下記をご覧ください。


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

記事の構成上、上記の通り分割して掲載します。(この記事独自の分割構成です)

片倉地区は今回は見ていないため割愛します。

本記事中の工事内容等は、入札公告や情報公開されている工事設計書に基づいたものです。ただし、大きく設計変更がされていることも多く、実際の施工内容とは異なっている可能性があります。11月26日時点の状況です。

①八王子医療センター付近

現場で確認したものであり、工事位置や内容は異なっている可能性があります。

八王子医療センター付近では、上記赤色で示したような工事が行われていました。

館高架橋(仮称)上部工事

①館高架橋(仮称)の様子(地図

町田街道と交差する医療センター入口交差点を越える館高架橋(仮称)の様子です。現在は、町田街道を越える部分のA1橋台~P3橋脚間の上部桁を製作・架設する工事が行われています。

工事件名は、「R2国道20号八王子南BP館高架橋上部その6工事」で、2023年3月31日までの予定で、エム・エムブリッジ株式会社が施工しています。当初より工期が伸びています。

現場の状況を見る限り、現在は壁高欄や床版の建設を進めているようです。

八王子市立看護専門学校前の擁壁工事

八王子市立看護専門学校側(医療センター側)では、既存擁壁の撤去掘削と、パネル組立式大型ブロック積擁壁の設置工事が行われています。

工事は2件が並行して行われています。

1件目の工事は、「R2国道20号BP改良他工事」で、2023年3月10日までの予定で、世紀東急工業株式会社が施工しています。工期は更に伸びています。

2件目の工事は、「R3国道20号八王子南BP殿入高架橋下部その5工事」で、2022年11月30日まで(11月26日時点)の予定で、奈良建設株式会社が施工しています。

殿入高架橋(仮称)のA2橋台工事と抱き合わせの工事です。

②大月側の擁壁(地図

大月側のこの部分のうち、擁壁設置工事は奈良建設の施工範囲です。既にパネル式大型ブロック積み擁壁の設置が進んでいました。

③新宿側の擁壁(地図

新宿側は世紀東急工業の工事範囲です。掘削は完了に近づいているようで、同様に擁壁の建設が進められているように見えました。

雨水管渠工事

④医療センター交差点(地図

医療センター交差点医療センター入口交差点間では、雨水管を推進工法で設置する工事が行われています。

工事件名は、「R4国道20号八王子南BP館地区改良その20工事」で、2023年3月31日までの予定で、株式会社新井組が施工しています。

推進なので地上からはほとんど変化がないと思います。

館第二トンネル

医療センター交差点の東側では、本線の函渠(トンネル)を設置する工事が行われています。トンネルの仮称は「館第二トンネル」です。

工事件名は「R2国道20号八王子南BP館第二トンネル工事」で、工期は2024年3月29日までの予定で、施工者は鹿島建設株式会社です。

⑤医療センター駐車場出入口付近から新宿方面(地図

現道は更に切回しが行われ、道路予定地中央部を対面通行で通るようになっていました。

現道両側に施工帯が設けられ、重機が作業を行っている状況です。

⑥館第二トンネル東側付近(地図

トンネルは現道の真下に建設されるため、覆工板などの仮設工を行いながら建設を進めていく模様です。

現在は土留めなどを行っている状況でしょうか。

現在、大成建設株式会社により施工している(仮称)館第二トンネルは、全体の東側半分にあたります。西側半分を施工すると思われる「R4国道20号八王子南BP館第二トンネルその2工事」の入札が2022年9月8日に行われ、戸田建設株式会社が施工する予定です。11月26日時点では未着工でした。

この記事は2ページ目もあります。

コメント

  1. 寝ぼけ熊 より:

    今回も大作のレポートを読ませて頂き大変ありがとうございます。
    主要国道ということもあってか、切土して高擁壁を設けた区間に高架を通すなど贅沢に設計された道路のように感じました。中央高速道の様に工事費を安くあげて将来渋滞を招くよりは良いかも知れませんが、高擁壁は将来の維持費用が大変かも?

    • yunomi-chawanyunomi-chawan より:

      近年では、特に国土の骨格となるような道路などを中心に、技術力の向上や限られた土地などの制約から大きな構造物による整備が増えてきているようには感じますね。
      橋梁やトンネルは5年に一度の点検が義務付けられていますし、一定以上の大きさの切土や盛土(それを構成する擁壁も含む、特定道路土工構造物という)も定期的な点検を基本とされていますので、どんな構造物にも完成からすぐに維持管理費はかかってきます。

  2. 環状6.5号線 より:

    いつもありがとうございます。

    やっぱり直轄国道は工事風景を見ているだけでも迫力があります。
    それに、直轄国道の場合は比較的高規格道路も多いのも特徴ですよね。完成も楽しみです。

    もし八王子南バイパスが補助国道や都道で東京都施行だったら、おそらく此処まで高規格にはならずに、尾根幹線道路や東八道路みたいに立体交差はお情け程度、信号多数、副道の代わりに自転車通行帯になっていたでしょうか。
    八王子南バイパスが国施行で本当良かったと思う一つです。

タイトルとURLをコピーしました