三鷹3・4・7号三鷹国分寺線(下連雀)  進捗状況2022.9

三鷹市で事業が行われている三鷹3・4・7号三鷹国分寺線(下連雀)の進捗状況を見てきました。

連雀通りとして親しまれている都道のうち、三鷹市狐久保交差点付近~下連雀七丁目交差点付近間で道路を拡幅するものです。久しぶりに新しい工事が始まっていました。

事業概要

この事業は連雀通りのうち三鷹市狐久保交差点付近~下連雀七丁目交差点付近を幅16mに拡幅するものです。

都市計画道路名称三鷹3・4・7号三鷹国分寺線
施行者東京都
延長約780m
事業期間2011年12月1日~2024年3月31日
幅員16m(2車線)
2020年4月4日現在

現在の道路を概ね北側に拡幅し、幅16m(うち幅3.5mの歩道を両側)となる計画です。


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

①事業区間西端(地図

この先が事業区間です。

この後ろでは、三鷹市が別途事業を行っています。三鷹市施行区間についてはこちらをご覧ください。

ここから見える景色は、道路予定地の樹木が少なくなっていましたが、塀などはそのままになっています。

②南浦交差点西側(地図

事業区間西端南浦交差点間では用地取得が進んでおり、拡幅に支障がありそうな未取得箇所は西端と南浦交差点角の2つほどになっていました。

この付近から三鷹市狐久保交差点付近にかけて、現在工事が始まっています。

工事件名は「街路築造工事及び排水管設置工事(4北南-三鷹3・4・7下連雀)」で、2023年3月13日までの予定で、株式会社ナカガワロード東京支店が施工しています。

公開されている設計図面(当初)によると、三鷹市狐久保交差点付近では排水管設置工事街築工を行うものの、そのほかの区域では、東行き車線の切削オーバーレイ工を行うもののようです。東行き車線は西行き車線に比べてわだちぼれが若干発生しているものの、舗装工事をするほどの損傷かなぁという気はします。

このタイミングで舗装工事を行うということは、拡幅まで相当時間がかかると見込んでいるのでしょうか?

③南浦交差点(地図

南浦交差点角のガソリンスタンドはいつも通りでした。

④南浦交差点東側(地図

南浦交差点三鷹市狐久保交差点付近間で、拡幅に支障となりそうな未取得箇所はガソリンスタンドと住宅1軒のみまで減っていました。

⑤三鷹市狐久保交差点(地図

三鷹市狐久保交差点の西側では、現道の北側で街築工が進められています。

⑥三鷹市狐久保交差点東側(地図

三鷹市狐久保交差点の東側では、南側歩道で排水管設置工事が行われるはずですが、現時点では行っているようには見えませんでした。工期は3月中旬まであるのでこれからかもしれません。

この路線の工事は、2019年度に「街路築造工事(31北南-三鷹3・4・7下連雀)」の入札が行われましたが不調、2021年度に「街路築造工事及び排水管設置工事(3北南-三鷹3・4・7下連雀)」の入札が行われましたが不調と、不調が続いていました。

撮影日:2022年9月23日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0000)

コメント

タイトルとURLをコピーしました