南町田駅周辺の進捗状況2018

2016年11月28日に事業認可された「南町田駅周辺土地区画整理事業」と、その周辺の整備事業の進捗の報告です。

これは東急の商業施設「グランベリーモール」と町田市立鶴間公園の再編や、駅舎改築北口広場整備などが行われているものです。


町田都市計画事業南町田駅周辺土地区画整理事業は南町田グランベリーパーク駅南側で行われている土地区画整理事業です。

施行者は東急株式会社、町田市、株式会社東急レクリエーションです。施行面積は約18.2ha、減歩率は0.3%程度です。

従来この場所には東急の商業施設「南町田グランベリーモール」がありました。この土地区画整理事業により、道路を再配置・整備し、鶴間公園を再配置、調整池の増設、宅地の再配置(大街区化)などを行います。

整備後、南町田グランベリーパークとしてリニューアルオープンしています。

施行者東急株式会社、町田市、株式会社東急レクリエーション
面積約18.2ha
事業施行期間2016年11月28日~2021年3月31日
施行地区町田市鶴間二丁目及び三丁目の一部
減歩率0.3%程度
2020年7月2日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

鶴間公園北側の道路開通と道路廃止保土ヶ谷バイパス16横浜町田ICランプ進捗状況は別記事で書いています。

商業施設再編中・・・

南町田グランベリーウォーク北側

2000年に開館した商業施設「グランベリーモール」は、2017年2月12日で閉館し、その後一部を除き建物が取り壊されました。

現在は新しい商業施設建物の建設が行われています。

そもそもこの辺りは1972年からの南町田第一土地区画整理事業により整備されていましたが(1975年換地処分)、その一部で再び2016年から南町田駅周辺土地区画整理事業が行われています。区画整理を2回するのってそんなにない気がします。

現地に掲げられていた看板
工事の手順などが案内されている看板
通行切替の手順などが案内されている看板

ここで旧グランベリーモールを振り返ってみる

北側街区

旧グランベリーモールはこのように低層の建物が並び、そこにテナントが入るような商業施設でした。もともと10年程度の利用を見込んだ施設だったと聞いたことがあります。

当時掲げられていたテナント案内

当時の街区案内です。

小街区だった

航空写真を確認すると、この土地はもともと野球場サッカー場などとして利用されていたようで、商業施設の間に市道が突き抜けるような小街区となっていました。

今回の土地区画整理事業によって、これらを大街区化するようです。

東急ストアは仮設店舗に移転

東急ストア南町田店

もともとグランベリーモール内にあった東急ストアは、隣接する土地に仮設店舗として移転しました。

銀行ATMも併設され、通常の店舗とほとんど変わりないようになっています。

掲示されていた案内

「仮設店」と書かれています。

近隣道路なども再整備

土地区画整理事業によって近隣の一部道路も再整備されています。
※外周道路のうち土地区画整理事業の範囲外は手が加えられていません。

東側 国道16号接続部

国道16号16との接続部では「ランプ」のような構造の交差点となっていましたが、直角で交わるような交差点に改良されるようです。

写真右側に移る国土交通省の建物はどうなるのでしょうか?

グランベリーモール東側道路

グランベリーモール東側の道路は拡幅されました。

手前の交差点は少し変わった形状ですが、もともと信号機は設置されていません。

北口広場などが完成

南町田駅周辺土地区画整理事業による整備ではありませんが、南町田駅の北側に交通広場などが整備されました。

北口広場

土地区画整理事業とは別事業で、2017年4月1日に南町田駅北口に駅前広場が完成しました。

もともと南町田駅周辺には駅前広場がなく、路線バスは南側の道路から発着していました。

空港高速バス

路線バスは北口広場発着に変更されたほか、新たに空港行き高速バスも乗り入れるようになりました。

手前のバスは空港からのバス、奥のバスは空港行きのバスと路線バスです。

北口広場と国道16号線との交差点

交差点には信号機が設置されています。

ちなみに、この奥側には町田3・3・36号相原鶴間線(町田街道のバイパスに相当)が事業中で、将来は四差路になる構造です。

この交差点には平面の横断歩道は設置されず、地下歩道が整備されました。

地下道

2016年4月25日には国道16号南町田地下歩道が開通しました。

エレベータやスロープも併設し、自転車も通行出来る地下歩道で、監視カメラや通報ブザーも備えています。

この地下歩道は、先述の事業中都市計画道路の接続も考慮した構造になっています。

また、北口広場の地下に当たる部分には自転車駐車場も整備されました。

駅もリニューアル

北口

現在、南町田駅のリニューアルが行われています。

これまで、北側と南側で改札口が別々にあり、改札に入らなければ南北に通り抜けはできませんでしたが、南北自由通路を整備し通り抜けが可能になります。(自由通路部分は町田市負担)

駅西側の跨線橋から見た駅

駅舎以外も大きくリニューアルされるようで、大屋根の「東急」らしい駅と変わりそうな感じです。

ホームには可動柵も設置されるようです。

正面口

工事に伴い一時的に場所が変更された改札口は「正面口」と名付けられています。英語は「Main Entrance」です。

「『南口』でよかったんじゃないの」と思わなくもない。

グランベリーパーク開設時には改札口も新しく生まれ変わっていることでしょう。

おまけ:40高中

旧グランベリーモールの外周道路には「40高中」が残っています。

廃止になった道路にも「40高中」の痕跡のようなものがありました。少しだけペイントが残っています。

撮影日:2018年6月17日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました