(通称)新町田街道の(仮称)旭町陸橋 工事が中断

町田市で行われている(通称)新町田街道町田3・3・36号鶴間相原線)の(仮称)旭町陸橋の「旭町陸橋(仮称)下部工工事(27南東の一町田3・3・36旭町その2」ですが、10月より工事が中断しています。

町田3・3・36号相原鶴間線は町田市を東西に突き抜ける多摩地域の骨格を形成する主要な幹線街路です。

このうち、木曽団地南交差点~町田市民病院付近間では旭町地区として事業が行われています。

2007年9月6日に事業認可を得て東京都が事業を行っているもので、延長は約800m、幅員は25mで2車線となる予定です(都市計画上は4車線)。

この区間が開通すると常盤駐在所北交差点~市民病院まで1つでつながり、町田街道のバイパスとしての機能が発揮されそうです。

2024年2月6日追記

2024年3月23日15時に交通開放されます。

施行者東京都
延長約800m
幅員25m
事業施行期間2007年9月6日~2024年3月31日
2020年5月6日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。
工事案内看板

この工事は東京都が発注し、エムテック・新開工業建設共同企業体が施工者となっていました。

現場に貼られていた

このうち株式会社エム・テックが10月1日付けで民事再生手続きを申し立てました。

10月22日には再生手続廃止が決定しました。現場には保全管理区域となったことを知らせる貼り紙が掲示されていました。

現場

工事はおもに橋脚6基と橋台1基を建設するもので、橋脚6基は完成していました。残りは町田市民病院側の橋台1基等でした。

当たり前ですが現場は静かでした。

看板

工期は延長されたうえで11月9日までということになっていました(順調に行っていてもこれで完成は難しかったのではないかと思うが)。

この看板の施工者の部分は黒く塗りつぶされていました。

今後、何らかの遅れが出るのでしょうかね。

※相原側橋台等の工事の施工者は別で、現在工事中です。

撮影日:2018年10月28日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました