環状第4号線(河田町) 進捗状況2021.10

新宿区で事業を行っている環状第4号線(河田町)の進捗状況を見てきました。

全線で街路築造工事が進められており、開通も近いのかなといったところです。

追記

2022年5月26日14時に交通開放されます。

事業概要

環状第4号線港区港南三丁目から江東区新砂三丁目に至る延長約29,880mの都市計画道路です。

このうち上記で赤色で示した区間で「河田町」区間として事業を行っています。施行者は東京都、事業認可は2001年8月11日です。事業延長は約330m、幅員は27~30mの4車線となる計画です。

施行者東京都
延長約330m
幅員27~30m
事業施行期間2001年8月21日~2023年3月31日
2020年11月17日現在

追記

2022年5月26日14時に交通開放されます。


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

⓵余丁町通りから見た様子(地図

事業区間の南端です。現在は2件の工事が進められています。

街路築造工事(2三-環4河田町)

1件目の工事は「街路築造工事(2三-環4河田町)」で、2022年1月中旬までの予定で、三井住友道路株式会社が施工しています。

この工事で道路は概ね完成形となります。

街路築造工事のうち遮熱性舗装工事及びインターロッキング舗装工事及び道路標識設置工事(2三-環4河田町)

2件目の工事は「 街路築造工事のうち遮熱性舗装工事及びインターロッキング舗装工事及び道路標識設置工事(2三-環4河田町)」で、2022年5月下旬までの予定で、株式会社佐藤渡辺が施工しています。

10月23日現在、2件目の工事の工事設計書が公開されていないので詳細は不明ですが、車道の遮熱性舗装や、歩道のインターロッキング舗装、道路標識の設置を行うようです。

②余丁町通り(地図

事業区間の南端で接続する余丁町通りでも工事が行われています。

道路接続に向け、右折レーンの設置等の改築が行われているようです。

③中間地点より南向き(地図

既に中央分離帯の設置や、街渠の設置などが進んでいました。一部では街路樹の設置も進んでいます。

④中間地点より北向き(地図

北側半分は先行して整備が進んでいた区間ですが、こちらも中央分離帯の設置などが進められていました。

⑤通り抜けができなくなった道路(地図

中央分離帯の設置に伴い、写真⑤の地点では通り抜けができなくなりました

現地に設置されていた看板によると、通り抜けができなくなったのは10月13日からのようです。

⑥設置された街路樹(地図

北側でも街路樹の設置が進んでいます。中木はハナミズキでした。

⑦若松河田駅側から見たようす(地図

このように工事が行われています。若松河田駅前の交差点の形状は当初設計図から形状が若干変更されているように見えました。

開通は来年くらいでしょうかね。

撮影日:2021年10月22日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0000)

コメント

タイトルとURLをコピーしました