東村山3・4・5号久留米東村山線(第2期) 進捗状況2021.9

東村山市で事業が行われている東村山3・4・5号久留米東村山線(第2期)の進捗状況を見てきました。

都道東村山東久留米線さくら通り間で道路を新設するもので、第三次みちづくり・まちづくりパートナー事業を用いて東村山市が事業を行っているものです。

事業概要

東村山市の上記で示す区間では道路を新設する事業が行われています。都市計画道路名称は東村山3・4・5号久留米東村山線です。

延長は約560m、幅員は16mとなる計画です。

東京都の第三次みちづくり・まちづくりパートナー事業を活用して事業を行っており、施行者は東村山市です。2019年12月20日に都市計画道路事業の事業認可を取得しました。

施行者東村山市
延長約560m
幅員16m
事業施行期間2019年12月20日~2027年3月31日
事業第三次みちづくり・まちづくりパートナー事業
2020年5月25日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

用地の取得はあまり進んでおらず、4年前訪問時(当時は未着手)とほとんど変化がありませんでした。

①事業区間南端部(地図

都道129号東村山東久留米線が直角カーブ(厳密には丁字路)の先が事業区間です。ヤクルトの販売店がある場所です。

②土橋(地図

現在の土橋のやや上流部分を渡る計画です。

この間、特に用地の取得が行われた土地は見られませんでした。

東村山市では、この南側で「第1期」の建設を行っており、優先順位としてはそちらが高いのかもしれません。

③無人販売がある場所(地図

この先まっすぐ、東村山市民スポーツセンター付近まで繋がる計画です。

この間は主に農地が広がっており、道路計画地に近づけない場所もあるため、詳細は確認できませんでした。

④さくら通りより南向き (地図

事業区間の北端です。

まだ事業着手から2年弱しか経過していませんので、これからかなといったところです。

撮影日:202年9月27日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0560)

コメント

タイトルとURLをコピーしました