川崎3・4・4号世田谷町田線(片平) 進捗状況2022.6

川崎市麻生区で事業が行われている川崎3・4・4号世田谷町田線(片平)の進捗状況を見てきました。

古沢交差点付近では車線の切替えを含む工事が、片平交差点付近では西側の電線共同溝の整備工事が行われていました。

事業概要


川崎3・4・4号世田谷町田線多摩川の多摩水道橋から町田市境に至る都市計画道路です。すべての区間で現道があり、津久井道と呼ばれています。

このうち片平工区麻生警察署前交差点から片平2丁目交差点までの区間で現在の道路を拡幅する事業を行っています。

※2016年撮影の看板です。

拡幅後は幅20mの4車線になる予定です。

施行者川崎市
延長約1322m
幅員20m
事業期間2001年3月23日~2025年3月31日
2020年4月22日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

①日産中古車店前(地図

川崎3・4・4号世田谷町田線(片平)では、長年用地取得が進まない箇所が残っており、2016年に川崎市が策定した『第2次道路整備プログラム』において土地収用制度を活用する「土地収用制度等活用路線」に位置付けられていました。

『第2次川崎市道路整備プログラムの後期の取組』によると、2021年3月末現在の用地取得率は100%で、用地取得は完了しています。

麻生警察署前交差点付近~古沢交差点付近では、おおむね東側に拡幅する計画で、これまで用地取得を続けてきました。

古沢交差点付近で現在粉われている工事は、「麻生区内都市計画道路世田谷町田線道路築造(その8)工事」で、2023年2月28日までの予定で、矢島建設工業株式会社が施工しています。

入札時の公表書類によると、この部分の車線切替えを含む工事のようです。

②紳士服のコナカ前(地図

6月4日現在、取得した用地に単管バリケードがされていたほか、測量の印が至る所にありました。

③古沢交差点の南側(地図

古沢交差点より南側の区間は、2018年9月に車線の切替えが行われ、車道の走行部分が東側に切回された区間になります。

その道路形態は現在も続いています。

④小田急多摩線交差部より南側(地図

小田急多摩線交差部付近片平交差点間では、西側断面で電線共同溝などの整備工事が行われています。

この区間で行われている工事は、「麻生区内都市計画道路世田谷町田線道路築造(その7)工事」で、2023年1月31日までの予定で、織戸・追川共同企業体が施工しています。

⑤片平交差点付近スバル前(地図

この付近まで工事が続いています。

⑥片平交差点付近(地図

『第2次川崎市道路整備プログラムの後期の取組』によると、2025年度(令和7年度)までの完成を目指しているとのことです。

撮影日:2022年6月4日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0000)

コメント

  1. 麻生人 より:

    まだまだ掛かりそうですが、ひとまずスバル前の五月台方面の右折レーンだけでも早急に整備してもらいたいものです

    • yunomi-chawanyunomi-chawan より:

      あそこはよく詰まっていますね。
      工事の手順次第では、車線切替えのタイミングで右折レーンもしくは右折ポケットの設置もできたような気はします。

タイトルとURLをコピーしました