南多摩尾根幹線 多摩卸売市場前交差点でオーバーパス下部工事着手

稲城市多摩市川崎市麻生区で4車線化に向けて工事が進められている多摩3・1・6号南多摩尾根幹線では、多摩卸売市場前交差点で立体交差の橋梁下部工事が始まっていました。

事業概要

多摩3・1・6号南多摩尾根幹線のうち、上記で示した多摩東公園交差点多摩市総合福祉センター前交差点間では2020年に事業認可を取り、東京都が都市計画道路事業を行っています。

この区間については、掘割式による都市計画となっていましたが、2015年に策定された『南多摩尾根幹線の整備方針』に基づき、平面4車線構造への都市計画変更を行うことになりました。2017年9月14日に計画段階環境影響評価手続きを開始し、都市計画変更の手続きと環境影響評価の手続きを進め、2019年3月6日に都市計画変更が完了しました。

都市計画道路事業の認可は2020年2月20日、施行者は東京都、事業延長は5,500mで、幅員は43~58mです。

施行者東京都
延長約5,500m
幅員43~58m
事業施行期間2020年2月20日~2026年3月31日
事業費130億円
2020年10月1日現在

※南多摩尾根幹線全線についてはこちら


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

始まった工事は、「道路改修工事に伴う橋梁下部工事(3南東-南野の3)」で、2023年2月下旬までの予定で、黒須建設株式会社が施工しています。

多摩3・1・6号南多摩尾根幹線は、平面構造で4車線化する計画ですが、多摩卸売市場前交差点については、4車線同士の交差となることから、道路構造令に基づき立体交差となる計画です。南多摩尾根幹線鎌倉街道をオーバーパスする計画で、今回の工事はその下部工事(橋台2基、橋脚2基)となります。

なお、稲城~唐木田間で立体交差となる交差点はこの交差点のみとなります。

多広路1-1号橋から見た様子

6月12日現在、中央分離帯内の植栽に手が加えられていたほか、測量なども行ったような跡がありました。

情報公開させている図面によると、橋台など一部は、右に伸びた右折レーンと被った位置に建設されるため、今後右折レーンは付け替えられるようです。

現場には仮設電源の引き込みなども行われていました。

諏訪方面から見た様子

年間発注予定によると、今年度は南多摩尾根幹線では7件の工事が予定されているほか、地質調査なども数件予定されており、他の場所でも今後工事が進められていきそうです。

撮影日:2022年6月12日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0000)

コメント

  1. 寝ぼけ熊 より:

    稲城側の橋台基礎だけ杭が長く数が少ないですね。

    • yunomi-chawanyunomi-chawan より:

      様々な荷重等を考慮して設計しているはずです。
      長さについては支持地盤層が深いためです。多摩ニュータウンの造成により、この部分はかなり盛土しているのかと思われます。

タイトルとURLをコピーしました