日野橋架替え 3年目の工事中 仮橋完成へ

多摩川日野橋で行われている架替え事業ですが、3年目の工事が始まっています。

現在は新橋の建設に向けて仮橋が建設中で、今年度は仮橋のうちKP1橋脚からKP4橋脚間の3径間の上部工を施工する予定です。

事業概要

多摩川に架かる日野橋では架け替え事業が行われます。

日野橋

日野橋とは

日野橋多摩川に架かる都道256号八王子国立線の橋です。左岸側(北側)は立川市で、右岸側(南側)は日野市です。道路は甲州街道として親しまれています。

橋が架けられたのは1926年のことで、それまでの渡し船(日野の渡し)に代わって架けられたものでした。当時は国道8号で、1952年に国道20号に指定されました。1964年には大規模改修が行われ、幅員などが広げられたそうです。2007年4月1日には、日野バイパスの開通に伴い旧道となったこの区間は都道に移管されました。

架け替え

2020年度より架け替え工事に着手することになりました。

2019年10月には台風19号により橋の一部が損壊する被害が出て、2020年5月に復旧したところですが、架け替えはそれ以前より計画されていたものです。

事業は約12年かかる計画で、2020年11月より1年目の工事が始まりました。

風洞実験で使用された新しい日野橋の模型


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

現場の状況

記事冒頭の図の通り、今年度は2件の工事が並行して実施されています。

1件目の工事は、「日野橋仮橋上部工事(その2)」で、2023年6月下旬までの予定で、株式会社横河ブリッジが施工しています。

日野市側のKP1橋脚~KP3橋脚間の上部を製作・架設するものです。

2件目の工事は、「日野橋仮橋上部工事(その3)その2」で、2023年6月中旬までの予定で、株式会社駒井ハルテックが施工しています。

中央のKP3橋脚~KP4橋脚の上部の製作・架設を行うほか、澪筋を変える瀬替えを行います。

多摩川は春から秋にかけて雨量の多い出水期となるため、河川内での工事は秋~春にかけてのみ実施されています。

立川市側から見た様子

11月18日現在、既に工事は始まっています。

橋の建設は多摩川の立川側が中心ですが、工事は日野市側でも実施されています。

日野橋(旧)より見た様子

KP2~KP3径間では、既にベントが設置中で、今後上部架設をしていくものと見られます。昨年の同様の工事では2月頃に架設が実施されていました。

瀬替え工は現在も施工中で、瀬替えが完了しないとKP3~KP4径間の施工はできなさそうですね。

今年度の工事は3年目で、今年度の工事で仮橋は概ね完成形になります。(今回の工事では舗装工事や前後の工事は行われません)

入札情報サービスによると、12月にも「日野橋切回し道路工事」が公表予定です。関戸橋の例を見ると、来年秋ごろにも交通切り替えが行われ、仮橋の使用が開始されるのではないかと予想しています。

新しい日野橋

展示された新しい日野橋の風洞実験用模型

2022年11月22日~25日に新宿駅西口広場イベントコーナーで実施された「東京 橋と土木展」において、架替え後の日野橋の風洞実験用模型が展示されました。縮尺1/100で、この模型を使って風洞実験が行われたとのことです。立派な橋になりますね。

撮影日:2022年11月18日、23日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0510)

コメント

  1. manhattan より:

    いつも楽しく拝読しています。
    頓珍漢なことをお聞きしているかもしれませんが、管理人様はじめここにいる皆様にご質問させてください。
    現橋のすぐ隣に「仮橋」ではなく「新橋」をそのまま作ったほうが工期コスト共に効率的なのではと素人考えで思いついてしまうのですが、そう単純なものではないのでしょうか。
    特に日野橋の場合、周囲に都心ほど建物が密集しているわけでもない(左岸側は多くが市の土地ですし)ので、道路の線形を少し変えてあげれば無理やりな取り付けにもならないのかなと…。

    ※公共事業の無駄が云々…という文脈で申し上げたいわけではないです。

    • yunomi-chawanyunomi-chawan より:

      仰るように最初から新橋を建設してしまえば、完成も早く、仮橋建設・撤去の分の建設費がかからないのはその通りです。
      なぜそうしないのかは、現場の状況によります。

      都内でも東秋川橋(架け替え計画中)では、仮橋を設置せず最初から新橋を建設する計画です。これは前後の線形が悪いため、線形改良も含めた計画をしています。

      日野橋も仮橋を設置しない計画もできそうですが、前後にS字カーブが生じてしまいます。最新の道路橋示方書では「100年もつ橋を作りなさい」となっていますので、仮橋ならせいぜい10年程度のものが、100年もあるというのは、流石に無理があります。

  2. 寝ぼけ熊 より:

    現橋の位置に新橋を作るのは、建設工事のための離間距離が必要で現橋の真横に新橋を建設できず橋までのアクセスルートを変えければ道に屈曲が生じるためではないでしょうか?

    余談ですが、模型の写真を見ると新橋は斜張橋なのですね! 橋脚の数が減り増水時の流量を確保できて良いですね。

タイトルとURLをコピーしました