日野橋架替え 仮橋の真っ白なトラスが出現中

多摩川日野橋で行われている架け替え事業ですが、日野市側で真っ白なトラスが出現しました。

事業概要

多摩川に架かる日野橋では架け替え事業が行われます。

日野橋

日野橋とは

日野橋多摩川に架かる都道256号八王子国立線の橋です。左岸側(北側)は立川市で、右岸側(南側)は日野市です。道路は甲州街道として親しまれています。

橋が架けられたのは1926年のことで、それまでの渡し船(日野の渡し)に代わって架けられたものでした。当時は国道8号で、1952年に国道20号に指定されました。1964年には大規模改修が行われ、幅員などが広げられたそうです。2007年4月1日には、日野バイパスの開通に伴い旧道となったこの区間は都道に格下げされました。

架け替え

2020年度より架け替え工事に着手することになりました。

2019年10月には台風19号により橋の一部が損壊する被害が出て、2020年5月に復旧したところですが、架け替えはそれ以前より計画されていたものです。

事業は約12年かかる計画で、2020年11月より1年目の工事が始まりました。


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

多摩川に架かる日野橋では、架替え事業が行われており、現在はその2年目です。2年目も引き続き、仮橋の建設が進められる予定となっています。

仮橋のトラスが出現したのは、7径間あるうちの日野市側のKP5~KP6径間です。工事件名「日野橋仮橋上部工事(その1)その2」によって施工されているもので、工期は2022年7月中旬までの予定で、施工者は三井住友建設鉄鋼エンジニアリング株式会社です。

1月には上部を架けるための構台が設置されており、2月になって架けられ始めました。

仮橋は現橋からもよく見ることができます。昨年設置したKP6~KA2径間の青色も美しいですが、今回の真っ白な部材もとても美しいです。このまま白色でいくんですかね。

高水敷には、これから組み立てられる部材も留置されています。

工事は出水期となる夏までには完了する予定です。

今年度は、日野市側上部工のほかに、立川市側の下部工と上部工1径間の設置工事も別業者により予定されています。

来年度の一部工事も入札が行われています。
2021年11月8日には、上部2径間を製作・架設する「日野橋仮橋上部工事(その2)」の入札が行われ、鋼橋大手の株式会社横河ブリッジが落札しています。
2022年2月17日には、上部1径間を製作・架設する「日野橋仮橋上部工事(その3)その2」の入札が行われ、株式会社駒井ハルテックが落札しています。

撮影日:2022年2月27日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0000)

コメント

タイトルとURLをコピーしました