調布3・4・28号品川道天神前線 道路築造工事開始! 進捗状況2022.7

調布市で事業が行われている調布3・4・28号品川道天神前線のうち、旧甲州街道甲州街道間で道路築造工事が始まっていました。

これまで下水道管の敷設工事や、電線共同溝設置工事が行われてきましたが、表面上の工事を行うのは仮設を除くとこれが初めてとなります。

事業概要

調布3・4・28号品川道天神前線調布市布田四丁目から調布市布田二丁目に至る延長約750mの都市計画道路です。このうち全線で事業を行っています。

事業認可は2012年4月20日で、施行者は調布市です。幅員は16m~20.5mです。

旧甲州街道~京王線までの区間は2017年3月31日に完成しました。ただし、前後の区間ができていないため、北行き暫定一方通行になっています。

施行者調布市
延長約750m
幅員16~20.5m
事業施行認可期間2012年4月20日~2027年3月31日
2021年1月4日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

旧甲州街道~甲州街道間

撮影位置はこの通りです。

現在行われている工事は、「令4調3・4・28号線(旧甲州街道~甲州街道)道路築造工事」で、2023年3月下旬までの予定で、林建設株式会社が施工しています。

品川通り旧甲州街道間は工事は行われていません。

①調布ヶ丘交差点(地図

甲州街道と交差する調布ヶ丘交差点から南側が事業区間になります。

工事発注前に調布市役所のサイトで公表されていた設計図書によると、この交差点付近は「別途施工」となっており、今回の工事では施工されないようです。したがって、今回の工事で完成形になるかは不明です。

②中間地点(地図

現在は工事の準備段階で、現場はほとんど始まっていません。

上記設計図書によると、旧甲州街道~甲州街道間の中間付近に無信号二段階横断施設が設置される模様です。調布市では初の設置となるものと思われます。

都内では既に何ヶ所か無信号二段階横断施設が設置されていますが、いずれも幅員18m以上あり、ここのように幅員16mの道路に設置されるとどのようになるか、個人的には注目しています。

③旧甲州街道から見た様子(地図

工事区間は旧甲州街道までとなります。

この交差点付近も「別途施工」とされており、完成形になるかは不明です。

京王線~旧甲州街道間

④京王線交差部付近(地図

京王線旧甲州街道間は、依然と変わらず暫定2車線での交通開放となっています。

現在は工事は行われていませんが、空いたスペースに上記工事の現場事務所が設置されています。

品川通り~京王線間

⑤京王線交差部付近から南側(地図

品川通り~京王線間は、現在も用地取得が進められています。

京王線と交差する付近の調布丸善ビルの敷地が用地取得されました。

現在でも一部に未取得用地が残されているほか、一部に墓地も含まれており、今後どうなるのか気になるところではあります。

撮影日:2022年7月30日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0360)

コメント

  1. より:

    これはすごく役立つと思います。いまの調布駅周辺は交通不便、旧甲州の駅前渋滞とか、駅近いの経済活動がそんなに重くない。調布駅を中心の経済サクル作りましょう!

    • yunomi-chawanyunomi-chawan より:

      旧甲州街道に右折レーンがないのが気になるところではありますね。変に渋滞発生源にならなきゃいいのですが。

  2. ダイジロウ より:

    調布駅付近に甲州街道から品川通りを結ぶまともな道路が少ないですよね!なので、この道路が開通すれば調布駅付近の南北道路としての役割を果たすと思います。それに駅付近の混雑緩和にもなりそうです。

  3. 周辺住民 より:

    調布ヶ丘交差点に南から進入して右折する形で利用するのですが、
    北からの直進車が「直進優先なのになんで右折車が交差点に進入してるんじゃい」という勢いで
    突進してくることがあります
    道交法的にはどうするのが正しいんでしょうね

タイトルとURLをコピーしました