リニア中央新幹線 神奈川県駅(仮称)に大穴出現 進捗状況2022.3

相模原市で建設が行われているリニア中央新幹線 神奈川県駅(仮称)の進捗状況を見てきました。

2020年8月以来の訪問です。

写真等

撮影位置はこの通りです。

神奈川県駅(仮称)では、2027年3月31日までの予定で、奥村組・東急建設・京王建設共同企業体が工事を行っています。

現場に掲示されていた週間工程表によると、現在は杭打ちを行っているようです。

ミウィから見た様子

①ミウィ橋本から見た様子(地図)

神奈川県駅(仮称)は、旧相原高校の敷地を用いて建設が行われています。深さ30mの位置に建設される地下駅となる計画です。大深度地下ではありません。

2022年3月12日現在、旧校地内に大きな穴が開いていました。もちろん工事ヤード内には入ることができないので、現在どのくらいの深さで、どんな工事をしているのかは不明ですが、JR東海のサイトに掲載されている12月の写真では、10m以上は掘削しているように見えます。

 

②ミウィ橋本から(地図)

2020年8月の時点では、旧高校校舎が残されていましたが、現在はすべて解体されています。

橋本駅南口

②橋本駅南口(地図)

既存のJR在来線と京王の橋本駅には変化がなく、いつもと変わらない橋本駅南口となっています。

旧相原高校門

③旧相原高校の門(地図)

校舎は完全に解体されていて、門と木だけが残されています。この木はあえて残しているんですかね。

神奈川県駅(仮称)周辺

④ヤード内の様子(地図)

ヤード内には多くの大きな重機が置かれていました。

⑤旧橋本こどもセンター付近(地図)

かつて橋本こどもセンターがあった付近では、道路の切回しが行われていました。切回しているちょうど下付近に駅ができる予定です。一部で覆工板が敷かれていたりと、地下の工事を行っているんだなーとわかります。

⑥橋本こどもセンター前交差点東側(地図)

ここから見る景色はほとんど変わっていないように見えます。高圧送電線とかは移設されるのかと思っていましたが、全然変わっていませんね。

橋本こどもセンター前交差点の名前も変わっていません。移転して「前」ではなくなったのですが。

⑦橋本変電所前(地図)

東京電力橋本変電所前では、民家が無くなったり、仮囲いが延長されたりと、少し変化が見られました。

⑧2020年8月時点では通行止になっていた道路

2020年8月時点では通行止めになっていた道路は、再び通行が可能となっていました。道路には覆工板が設置されていて、地下で工事を行っていることが推測できます。

なお、通行が可能となったためか、この北側に設けられていた仮設歩行者道は閉鎖されていました。

⑨通行止めの道路(地図)

地図に示した区間では、道路が通行止めになっていました。

JR横浜線北側

⑩JR横浜線北側(地図)

JR横浜線北側の、京王相模原線と並行する箇所でも、仮囲いがされ工事が続けられています。

ただ、どんな工事をしているかよくわかりませんでした。

撮影日:2022年3月12日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0000)

コメント

  1. 菫子 より:

    蒼空に鉄塔が映えて美しいですね。
    「大穴」を観ると覗きたくて胸が躍りました。今日も朝から楽しいです。ありがとうございました。

  2. 菫子 より:

    ありがとうございます。

    でも恋と同じで「ときめき」は大切にしたいのでこのままそっとしておきますね。

    次の「ときめき」をお待ちしております。

  3. yunomi-chawanyunomi-chawan より:

    2022年4月18日 11:26 AMに投稿された書き込みは、宣伝行為を目的としたものと判断し、削除しました。

タイトルとURLをコピーしました