坂浜平尾線 橋が架かり始める

稲城市で行われている多摩3・4・17号坂浜平尾線の建設ですが、三沢川を越える部分の橋(仮称:坂浜橋)に橋桁が架かり始めました。

坂浜平尾線の事業概要

多摩3・4・17号坂浜平尾線稲城市若葉台入口交差点から麻生区境に至る都市計画道路です。
このうち、若葉台入口交差点から上平尾交差点までの区間で事業が行われています(いました)。

上記の図に示すように、東京都稲城小田良土地区画整理事業稲城上平尾土地区画整理事業により施行されています(いました)。

東京都施行区間について
東京都施行区間は2012年11月に事業認可を得て事業を進めて来ました。2015年10月には用地買収を完了し、その後工事が進められ、2019年11月27日に暫定交通開放されました。

施行者東京都
延長約420m
幅員17m
事業期間2012年11月12日~2022年3月31日
暫定交通開放2019年11月27日10時
2020年4月25日現在

稲城小田良土地区画整理組合施行区間については下記をご覧ください。
タグ:稲城小田良土地区画整理事業

稲城上平尾土地区画整理組合施行区間については、2019年11月27日に交通開放されました。

稲城上平尾土地区画整理組合施行区間については下記をご覧ください。
タグ:稲城上平尾土地区画整理事業

稲城上平尾土地区画整理組合施行区間については、2016年5月30日に交通開放されました。


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

工事案内看板

東京都施行区間では、擁壁工事や道路築造工事が急ピッチで行われています。事業認可から用地取得完了までも早く、全体的に非常に早い印象です。

それらの工事の一つに、坂浜橋(仮称)上部製作・架設工事(28-南東坂浜平尾)が行われています。坂浜平尾線が三沢川を跨ぐ部分に橋を架けるもので、複数に分けて発注し既に完成している橋台・橋脚に橋を架けるものです。

先週からようやく目に見える形で工事が進捗しました。

橋の部材を分割し持ってきて、ここで組み立てているようです。現場には大きな重機が現れ、持ち上げていました。

若葉台方面から見ると、多摩丘陵の谷戸に沿って道ができ始めていることがわかります。橋の部分もようやく形が見え始め、来年の開通(予定)に向けて工事が進んでいます。

この道が完成すると、新百合ヶ丘方面へのアクセスが容易になるほか、狭隘道路の学園通りへの交通の流入が減少することが期待できますね。

京王相模原線車内から

京王相模原線の車内から見るとこんな感じです。

京王線から新百合ヶ丘方面を見るとこんな感じです。左側の橋はかつて稲城ふれあいの森に繋がっていた橋で、今後補償代行という形で架け替えられる予定です。

この付近も、斜面の擁壁工事などが進み、ようやく道らしい形が見え始めました。

おまけ

坂浜平尾線学園通りが交わる角には、野村不動産による(仮称)稲城小田良ショッピングセンターが2月から建設される予定です。

野村不動産は稲城上平尾での大型分譲(プラウドシーズン栗平)を行った業者でもあり、小田良でも関わると言われています。このショッピングセンター建設に向けて用途地域が既に変更されたほか、当初計画から道路形状が変更されたりしています。

ネット上の情報によると、核テナントに生鮮スーパー、ドラッグストアなど商業テナント20店舗が入居する計画のようで、医療モールも併設されるようです。駐車場は280台との情報もあります。また、前面の坂浜平尾線にはバス停が計画されているようで、「上平尾区画整理」行バスの延伸かもしれませんね。

まだまだ確定情報がないので、これからも注目したいと思います。

撮影日:2017年1月12日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました