左入橋交差点 イオンモールが「次世代型複合商業施設」出店発表も道路改良工事ストップ

八王子市左入橋交差点付近では、2020年夏頃よりイオンモール株式会社が発注する道路改良工事が行われています。当初は、2021年3月末までの予定と看板に書かれていましたが、2022年になった今も工事は完了していません。

工事の看板

工事はイオンモール株式会社が発注し、左入橋交差点付近の国道16号都道新滝山街道等)の改良を行うこととしていました。自費工事という扱いだったのだと思われます。

2022年1月27日現在、工事は中断し、現場でも作業は行われていません。一方、工事看板は引き続き設置されていて、工事期間の終了日が空欄になっています。工事中断の理由は不明です。

ところで、2021年12月27日に、イオン株式会社、イオンネクスト準備株式会社、イオンモール株式会社が、「(仮称)八王子インターチェンジ北」の出店計画を公表しました。出店予定地は八王子IC北側の、八王子インター北土地区画整理事業によって2016年に換地処分された土地です。当初、2016年のオープンが予定されていましたが、ここまでのところ出店されてきませんでした。

なお、報道発表には「イオンモールを出店する」とは書かれておらず、「顧客フルフィルメントセンター(CFC)を有する次世代型複合商業施設」とされています。他報道でも「屋号も「イオンモール」にするとは考えていない。」と報道されています。イメージ図には「AEON MALL」の文字が見えるんですが。

左入橋交差点

八王子バイパス側から左入橋交差点

右折レーン部分の基層までの舗装が完了していますが、それ以上は進んでいない状況です。門型標識の移設もされていませんでした。

左が2020年10月16日、右側2022年1月27日です。舗装が基層までされたくらいで、ほとんど変わっていません。一番変わったのはスターバックスコーヒーとマクドナルドが出店したことですかね。

この部分、奥の新滝山街道の車道は切替えられた(右側に移動した)のに、手前側のレーンが移動していない関係で、直進車はまっすぐ直進できない状況になっています。

左入橋東交差点方面

左入橋東交差点手前の転回路は移設されていますが(2020年10月16日の段階で移設されていた)、転回路へのレーンが全部開放されていません。

右側の旧転回路の舗装も打替えず、そのままになっています。この上に表層を被せるつもりだったんですかね。

左入橋交差点から新滝山街道方面

左入橋交差点新滝山街道方面のうち、交差点へ流入する側の車線(右側)も工事が中断しています。流出する側(左側)は車道位置が切替えられていますが、中途半端な状態でストップしています。

写真を撮るのを忘れていましたが、反対側の道路標識とレーンがズレていて危険な状態となっています。(ストリートビュー参照)

ちなみに、2021年12月9日には、左入橋交差点の立体化に向けた予備設計及び施工計画検討を実施する「R3G国道16号八王子~瑞穂拡幅立体予備設計他業務」の入札がされ不調となっています。入札参加要件に「一般国道において橋梁予備設計を行った業務」とあるので、オーバーパスによる立体交差を見込んでいるようです。

なお、都市計画上は、八王子バイパス大和田方面~新滝山街道丹木方面へのオーバーパスとなっていて、この通り立体交差させるつもりなのか、気になるところです。(これだと都道が含まれるのと、この交差点は大和田方面→堂方上方面の右折交通量が卓越して多いので。)あとは、本当に立体交差させるつもりがあるのか、あるにしてもどのくらいの時期に立体交差させるつもりなのでしょうか。

国道16号現道八王子インター方面

八王子インター側の改良工事も中断しています。

道の駅八王子滝山付近

道の駅八王子滝山交差点向き(右が商業施設出店予定地)

この付近は工事が完了していますが、供用されないままとなっています。

新滝山街道 道の駅八王子滝山 前

こちら(逆サイド)も供用されていません。

撮影日:2022年1月27日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0000)

コメント

タイトルとURLをコピーしました