登戸土地区画整理事業 登戸2号線築造進む 進捗状況2021.12

川崎市多摩区で事業が行われている登戸土地区画整理事業の進捗状況を見てきました。

向ヶ丘遊園駅北側の川崎3・4・17号登戸2号線の建設が進められていました。

事業概要

登戸土地区画整理事業川崎市多摩区で事業が行われている土地区画整理事業です。周辺には南武線・小田急小田原線の登戸駅や向ヶ丘遊園駅があります。

施行者は川崎市、1988年3月に都市計画決定、1988年9月に事業計画決定を行い、現在も事業が続けられています。

施行者川崎市
施工面積約37.2ha
事業施行期間1988年9月16日~2026年3月31日
2020年9月17日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

登戸2号線

①未整備区間の登戸駅側(地図

川崎3・4・17号登戸2号線のうち、未整備であったアトラスタワー向ヶ丘遊園北側の区間の工事が始まっています。

この位置にあった民家等は移転済みです。

現在行われている工事は「令和3年度登戸土地区画整理事業都市計画道路登戸2号線他道路築造等(電線共同溝)(その3)工事」で、2022年3月31日までの予定で清生土木有限会社が施工しています。

②登戸2号線西側(地図

向ヶ丘遊園駅バス広場付近は、10年以上前に片断面のみ完成した状態でしたが、これもアスファルト等を剥がして整備が行われています。

向ヶ丘遊園駅北側の区画

③の通り(地図

向ヶ丘遊園駅の北側では、大規模に移転が進み、空き地が目立っています。

宅地の造成も進められていて、写真③の道路は若干拡幅が予定されています。

④右が登戸2号線(地図

この正面の区画では、建物の解体が一気に進みました。正面の道路も将来的には廃止される予定です。

事業計画の構想の概要

この区画には、25階建ての高層マンションが建設される予定で、事業計画構想の概要が掲示されていました。看板によると着工は2023年1月とのことです。

1月5日には、この建設に係る環境アセスメント準備書が公表されました。

⑤解体が進む(地図

このように、解体が進んでいます。

⑥中央銀座商店街(地図

5ヶ月でこれほど変わるかと驚きです。予想して撮影してはいたんですが・・・

⑦中央銀座商店街(地図

登戸1号線

⑧登戸1号線(地図

登戸1号線は現在も一部暫定整備となっています。※今後交通広場に内包される区間もあります。

バス路線がこの道を通るように付け替わるのかなぁと思っていたんですが、いまのところその情報はありません。

区役所通り登栄会ほか

⑨ぱちんこ店を含む建物の建設が進められている北側(地図

ぱちんこ店を含む建築物の建設が進められている区画の北側では、区画街路の整備が進められています。

⑩区役所通り登栄会(地図

向ヶ丘遊園駅前

⑪向ヶ丘遊園駅前より区役所通り登栄会(地図

⑫向ヶ丘遊園駅前(地図

向ヶ丘遊園駅前に残っている区画も閉店や移転のお知らせが張られている店が多くなりました。近いうちに無くなりそうな気がします。

⑬向ヶ丘遊園駅北口バス広場北側(地図

段差が切り落とされています。

向ヶ丘遊園駅跨線橋より

今後大きく景色が変わりそうなので、記録として残しておきます。

撮影日:2021年12月21日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0290)

コメント

  1. 匿名 より:

    記録が残っていることに感謝です。
    コロナ禍ですけど変化は続いてるんですね。

タイトルとURLをコピーしました