川崎3・4・9号尻手黒川線(4期) 水路撤去工事開始 進捗状況2023.11

川崎市麻生区で事業が行われている川崎3・4・9号尻手黒川線(4期)の進捗状況を見てきました。

トンネル予定地西側で水路撤去工事が始まっています。

事業概要

川崎3・4・9号尻手黒川線のうち、上図に示した区間では4期区間として事業が行われています。

延長は約680m、幅員16mの2車線で、一部区間にトンネルを含む構造となります。

施行者川崎市
延長約680m
幅員16m(一部を除く)
事業施行期間2009年11月24日~2025年3月31日
2020年9月17日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

①事業区間西側(地図

この先が事業区間です。

写真左側の擁壁築造工事に伴い、道路が右側に切回されています。

工事件名は、「麻生区内都市計画道路尻手黒川線道路築造(擁壁その2)工事」で、2024年2月29日までの予定で、株式会社織戸組が施工しています。

施工期間が大きく延伸されています。(当初の2023年3月までだったは繰越を前提とした予算の都合だと思います。知らんけど。)

②擁壁工事区間(地図

この部分に張り出していた山を掘削し、ブロック積み擁壁の築造がされています。既に大方の築造は進んでいるように見えました。

③仲町南橋(地図

道路切回しに伴い段差が生じ通行止めとなっていた仲町南橋は、擦り付けが行われ通行ができるようになっています。

④たな橋(地図

この現道を拡幅する区間では、山側の歩道にある暗渠水路を撤去する工事が始まっています。

工事件名は「麻生区内都市計画道路尻手黒川線道路築造(水路撤去等)工事」で、2024年2月20日までの予定で、株式会社佐藤工務店が施工しています。

⑤現道分岐部(地図

水路撤去工事は見た感じ本格的には始まっていないようでした。一部工事区域が擁壁工事箇所と重なっているため、工期は伸びるのではないかと思います。

写真⑤の奥の山の区間はトンネルによって突き抜ける予定です。トンネル工事の入札は既に行われています。工事件名は、「麻生区内都市計画道路尻手黒川線道路築造(トンネル)工事」で、2026年3月31日までの予定で、西松・森本共同企業体が施行する予定です。

トンネルは尻手側が山岳トンネルで、黒川側が開削トンネルとなる計画です。トンネル内の舗装などは工事内容に含まれていないようです。

⑥片平二丁目交差点側(地図

トンネル工事はまだ現場着手は行われていませんでした。

撮影日:2023年11月13日、19日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました