環状第5の1号線(千駄ヶ谷) 進捗状況2020.6

新宿駅東側、新宿御苑付近で事業が行われている環状第5の1号線(千駄ヶ谷)の進捗状況を見て来ました。

この道路2017年に見に行って以来の訪問です。

事業概要

環状第5の1号線渋谷区広尾五丁目から北区滝野川二丁目に至る延長13,920mの都市計画道路です。このうち、上記図で示す区間では「千駄ヶ谷」区間として事業が行われています。

新宿御苑の西側では新しく道路を新設し、既に完成している区間へと接続します。事業延長は約805m幅員は14~35m

施行者は東京都で、千駄ヶ谷区間の南側は1991年1月10日に事業認可(建設省告示第34号)、北側は2006年に事業認可され、現在も工事が行われています。2016年度(平成28年度)末での用地取得率は99%。

新宿御苑の西側では2層構造により通過する計画です。

施行者東京都
延長約805m
幅員14~35m
事業施行期間1991年1月10日~2024年3月31日
2006年?月?日~?
2020年5月27日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

①鳩森小学校西信号付近より北向き

前回からの間に切り回しが変更となり、外回りが片側2車線に戻されました。

②内回りトンネル入口付近

外回り(北行き)の本線トンネルの入口の擁壁が姿を現していました。

この付近には横断用の信号機がありましたが、トンネルができたことにより廃止されています。

トンネル擁壁

中はよく見えませんが、細かい工事はまだ残っているようです。

③千駄ヶ谷五丁目交差点付近

トンネルの出現により、内・外回りが離れた構造になりました。

④分岐点

この付近で現道から分岐します。

工事は引き続き、「フジタ・奥村組土木・あおみ建設共同企業体」が「地下トンネル築造工事及び街路築造工事(27二-環5の1千駄ヶ谷)」の工事を行っています。27とは平成27年度(2015年度)のことですので、5年近く工事をやっていることになるようです。

⑤工事現場

この日も作業を行っていました。

⑥新宿御苑西側

想像以上に完成していたので驚きました。この道路(上層)は内回り(南行き)となります。

⑦新宿御苑新宿門側

こちら側でも工事が進んでいます。交差点の改良工事も始まっているようでした。

交差点の工事に伴い、一部区間の歩道通り抜けが不可能となっています。

⑧新宿二丁目交差点方面

こちら側でも中央分離帯等の工事が始まっています。2017年頃は中央分離帯に木が植わっていました。工事はトンネル工事と同じ共同企業体が工事を行っているようです。

撮影日:2020年6月25日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました