放射第7号線(大泉学園~保谷) 進捗状況2020.8

練馬区で事業が行われている放射第7号線の進捗状況を見てきました。

このブログでは1年ちょっとぶりの訪問です。

事業概要

上記で示す区間では道路を新設する工事を行っています。

施行者は東京都で、事業認可は2006年7月24日です。延長は約2,000m、幅員は25mで、両側に幅7mの歩道を設け、中央部に車道を2車線(片側1車線)となる計画です。

施行者東京都
延長約2,000m
幅員25m(2車線)
事業施行期間2006年7月24日~2023年3月31日
2020年6月3日現在

放射第7号線大泉学園町付近から東所沢付近にかけて連続的に整備が行われています。埼玉県では「東京都とのスクラム強化による道路整備」として整備を進めています。

これらの道路が完成すると、皇居付近から狭山日高IC付近まで1本の道で繋がることになります。

それぞれの区間については下記をご覧ください。


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

放射第7号線大泉学園町付近から東所沢付近にかけて連続的に整備が行われています。埼玉県では「東京都とのスクラム強化による道路整備」として整備を進めています。

これらの道路が完成すると、皇居付近から狭山日高IC付近まで1本の道で繋がることになります。

それぞれの区間については下記をご覧ください。

写真等

撮影位置はこの通りです。

①北園交差点

事業区間の東端となる北園交差点です。

前回来た2019年4月とほとんど変わっていません。2020年8月20日現在、工事は行われていませんでした。

②の位置(練馬一般区道33-180号線)より

この付近は道路工事は一応終わっています。この先の用地未取得地があるため、現在は歩道のみ暫定開放されています。(沿道施設へのアクセス部を除く)

北園交差点練馬一般区道33-189号線間は南側の歩道のみの暫定開放です。

③善行院東側(練馬一般区道33-189号線東側)

この先に墓地の未取得地があります。昨年と状況が変わっていません

③関係あるかわからないが……

沿道の土地が掘削されていました。昨年は道路面より高い土地でした。

④善行院西側

西側から見るとこのようになっています。

写真右側は小規模な土地区画整理事業が行われ既に完了しています。このうち墓地隣接地は換地処分後に東京都が売買により所有者となっているようです。

⑤練馬主要区道65号線より

この先のセブン-イレブン練馬西大泉2丁目店裏側までの区間は、歩道が2019年12月25日10時に暫定開放されました。(一部区間はそれ以前に暫定開放済み)

これにより用地未取得地を除いて大部分の区間で、歩行者と自転車の通り抜けが可能となっています。

⑥都道24号線(ライフ西大泉店北側)より

このように整備が進んでいます。

⑦練馬一般区道33-223号線より

昨年4月に来たときは街路築造工事はまだ行われていませんでしたが、今回はほぼ形になっています。

⑧セブン-イレブン練馬西大泉2丁目店の裏側より

この先にも用地未取得地があります。

⑨の位置

この付近もほとんど変わっていません。

⑩事業区間西端

残り僅かなんですが、交通開放はいつになるのでしょうかね。

撮影日:2020年8月20日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

  1. 匿名 より:

    ありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました