補助第26号線(東北沢) 進捗状況2022.5

世田谷区で事業が行われている補助第26号線(東北沢)の進捗状況を見てきました。

都道420号鮫洲大山線のうち、三角橋交差点大山交差点間を拡幅するものです。

事業概要

補助第26号線品川区東大井一丁目から板橋区氷川町に至る延長約22,350mの都市計画道路です。このうち上記で示した区間では、「平塚橋区間」として道路を新設する事業を行っています。

事業認可は2006年12月15日で、施行者は東京都です。
施行延長は約550mで、計画幅員は20~33m、2車線の道路となる計画です。

この区間は特定整備路線に位置付けられています。

施行者東京都
延長約550m
幅員20~33m
事業施行期間2006年12月15日~2023年3月31日
2020年11月26日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

補助第26号線

補助第26号線では上記図の通り事業を行っています。他の区間の記事については下記よりご覧ください(未掲載箇所あります)。

大山中央
千早
南長崎
江原町
江古田
東北沢
代沢
三宿
目黒中央町
平塚橋
豊町

写真等

撮影位置はこの通りです。

①大山交差点から(地図

用地取得は進んでいます。東京都のサイトによると、2021年4月1日現在の用地取得率は96%となっています。

この日は、この大山交差点を先頭に渋滞が発生しており、東大裏交差点方面に向けて延々と動かない状況が続いていました。

現在、この区間では、用地取得が完了した土地で点々と工事が行われています。

工事件名は、「街路築造工事のうち支障物撤去工事(3二-補26東北沢)」で、2022年9月下旬までの予定でマルト建設株式会社が施工しています。

立退きが完了した建物の基礎の撤去が主な目的のようです。

②東北沢駅北側(地図

この付近は現道の西側(右側)にも一部拡幅する計画ですが、用地取得が未了な土地が一部見られました。

③東北沢駅前(地図

これより南側は概ね用地取得が完了しているように見えました。

この右側に東北沢駅があり、かつての地上駅空間を活用した駅前広場は2021年に交通開放されています。

④東北沢駅南側(地図

東北沢駅行きの渋55系統バスともすれ違いました。かつては幡ヶ谷折返場行きでしたが、2021年4月1日に短縮されました。

⑤三角橋交差点付近(地図

取得用地内にはプレキャスト擁壁が置かれています。結構長いことここに置かれているような気がします。どこで使うものなんでしょうかね。

左側に写っている工事の看板は、周辺道路で行われていた占用企業者(ガス)の本復旧工事のもののようでした。この道路拡幅とは直接関係はなさそうです。

入札情報サービスによると、この路線では、2022年5月19日に「街路築造工事(4二-補26東北沢)」の入札が行われ、株式会社植松土木が落札しています。情報公開されている図面によると、東北沢駅より南側の区間の東側半断面を施工するもののようです。

また、「街路築造工事その2-2(4二-補26東北沢)」は7月21日に開札予定です。詳しい工事内容は不明です。※「-2」はその前の入札を取り下げたため。

このほか、年間発注予定には、「街路築造工事のうち排水管設置工事及び電線共同溝設置工事(4二-補26東北沢)」、「街路築造工事のうち道路照明設置工事(4二-補26東北沢)」が記載されています。全線の拡幅も近いかもしれません。

撮影日:2022年5月28日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0300)

コメント

タイトルとURLをコピーしました