西東京3・4・9号保谷東村山線(Ⅰ期)ほか(六角地蔵尊~セイムス間) 進捗状況2021.8

西東京市で事業が行われている西東京3・4・9号保谷東村山線(Ⅰ期)及び東久留米市で事業が行われている東村山3・4・11号保谷東村山線(その2)の進捗状況を見てきました。

通称、新所沢街道と呼ばれている道路のうち、六角地蔵尊交差点セイムス東久留米南町店前までの区間です。

2021年8月19日追記

西原自然公園通り~セイムス間は、2021年9月10日11時に交通開放される予定です。

事業概要

西東京市西東京3・4・9号保谷東村山線(Ⅰ期)の事業区間は、都道ひばりケ丘停車場線東久留米境通りまでの区間です。このうち、都道ひばりケ丘停車場線六角地蔵尊交差点間については、2021年8月2日11時に交通開放されています。


西原自然公園通り以西は、2021年9月10日11時に交通開放されました。

都道112号~六角地蔵尊交差点間について、2021年8月2日11時に交通開放されました。

2024年1月31日追記
未整備区間となっていた、六角地蔵尊交差点付近~西原自然公園通り間が、2024年2月14日13時に交通開放されます。

西東京3・4・9号保谷東村山線西東京市中町四丁目から西東京市西原町四丁目に至る延長約3,400mの都市計画道路です。このうち、上記で示した区間ではⅠ期区間として事業を行っています。

事業認可は2011年9月28日で、施行者は東京都です。事業延長は約1,380mで、幅員16mで2車線の道路となる計画です。

施行者東京都
事業延長約1,380m
幅員16m
事業施行期間2011年9月28日~2024年3月31日
交通開放東端~六角地蔵尊交差点間2021年8月2日11時
六角地蔵尊交差点~西原自然公園通り間2024年2月14日12時(予定)
西原自然公園通り~西端2021年9月10日11時
2024年1月31日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

東久留米市東村山3・4・11号保谷東村山線(その2)の事業区間は、東久留米境通り前沢二丁目交差点までの区間です。このうち、セイムス前前沢二丁目交差点までの区間については既に交通開放されています。


セイムス以東は、2021年9月10日11時に交通開放されました。

東村山3・4・11号保谷東村山線東久留米市柳窪新田から東村山市久米川に至る延長約6,240mの都市計画道路です。このうち上記で示した区間で事業を行っています。

事業認可は1994年12月20日で施行者は東京都です。事業延長は約0.95kmで、幅員16mの道路となる計画です。新所沢街道として呼ばれることがあります(ただし通称道路名として決定した名称ではない)。

事業区間のうち、セイムス付近~前沢二丁目交差点については、セイムス付近~南町四丁目交差点と合わせて2007年12月に交通開放されました。

施行者東京都
事業延長約0.95km
幅員16m
事業施行期間1994年12月20日~2021年3月31日
交通開放セイムス付近~西端2007年12月
東端~セイムス付近2021年9月10日11時
2021年9月10日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

西東京3・4・9号保谷東村山線(Ⅰ期)区間

①六角地蔵尊交差点西側(地図

この左方向に道路ができる予定です。

奥には工事用のプレハブ事務所がありますが、東大農地区間の工事用事務所で、写真の見えている範囲で工事は行われていません。

この先、らあめん花月嵐裏側までの区間では用地取得済みです。

②西原自然公園通りより東向き (地図

らあめん花月嵐裏側~西原自然公園通り間では、このように土の土地が広がっています。昨年10月頃には営農が行われていましたが、現在は行われていません。ピンクのリボンが付けられた棒が連続して取り付けられており、用地取得がされたのかもしれません。

7月21日には、防草シート設置工、防塵舗装工を行う「街路築造工事に伴う事業地管理工事(3北南-西東京3・4・9)」の入札が開札されています。どこのことかわかりませんが、延長・面積的にここの可能性がありそうです。施工者は有限会社テンフィート。

③西原自然公園通りより西向き (地図

この先の区間では、昨年10月に引き続き街路築造工事が行われています。

現在行われている工事は、「街路築造工事及び電線共同溝設置工事その2(31北南-西東京3・4・9Ⅰ期)」で、2021年9月下旬までの予定で、株式会社飯和建設が施工しています。

④西原第1児童遊園前 (地図

歩道の舗装は完了していました。車道部も近いうちに舗装工事が行われそうな段階でした。

西原自然公園通り付近は植樹帯の設置工事が行われていましたが、この付近より西側は現段階では設置しないようです。

⑤東久留米境通りより西向き(地図

この付近では未取得の用地があり、暫定的に線形を変更して整備されています。工事設計図面によると、歩道幅員2m、1車線の幅員3mはギリギリ確保されているようです。

長引くことを見越しているんですかね。

東村山3・4・11号保谷東村山線(その2)区間

⑥東久留米境通りより西向き (地図

ここから先が東村山3・4・11号保谷東村山線(その2)の区間です。ほとんど完成しています。

この区間は2021年3月下旬までの予定で、成友興業株式会社が工事を行っていました。

⑥誰も通っていない綺麗な道路 (地図

誰も通っていない綺麗な道路が広がっていました。道路整備前から遊歩道として開放されていた関係もあってか、歩道部については開放されています。

⑦信号機 (地図

途中、信号機が準備されていました。

⑧西端付近 (地図

案内標識も設置されています。右向きの地名は書かれていません。まぁ「イオンモール」なんて書いたら目印になるんでしょうけど、それは無理よな。

⑨事業区間西端、セイムス前 (地図

こちら側も信号機や標識も準備されており、置きガードレール等を撤去すれば交通開放できる状態でした。

交通開放時期ですが、写真①~②のらあめん花月嵐裏側が完成した段階で交通開放するのが望ましいんだと思いますが、工事設計図面によると西原自然公園通りとの交差点には「止まれ」の標示が設置されるようですので、西原自然公園通りまでの区間が完成した段階で開放するつもりなのかもしれません。

⑩セイムスの交差点付近に設置された案内標識

セイムスの交差点には新しく案内標識が設置されており、標示面が隠された状態で準備されています。

撮影日:2021年8月3日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0000)

コメント

  1. ペコー より:

    青い屋根の家付近をGoogleマップで拝見しましたが幅員の3分の1ぐらいはみでてますね、、、
    早く通したいのでしょうが交通量が増えてきたら危険個所になりそうですね。

    • yunomi-chawan yunomi-chawan より:

      ちょうど1/3くらいがはみ出している感じですね。
      狭窄部には横断抑止柵ではなく、車両の逸脱を防止することを目的としたガードパイプが設置されるようです。

  2. Hiro より:

    いつも興味深く読ませていただいています。
    この区間の一部の開放時期が9/10に決まったようです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9d4187bb3f1f7368d4d5b2fb987ca74f6aac715f

    • yunomi-chawan yunomi-chawan より:

      開通情報については8月19日付で追記しております。
      よろしくお願いいたします。

  3. まきすけ より:

    今日通りかかったら、⑤の未取得の用地が更地になってました。思わず「あれ?」って声上げてしまいました。

タイトルとURLをコピーしました