府中3・4・16号府中東小金井線 紅葉丘北公園横で交通安全施設工事中

府中市で事業が行われている府中3・4・16号府中東小金井線の進捗状況を見てきました。

紅葉丘北公園の横では、交通安全施設の整備工事が始まっていました。

事業概要

府中3・4・16号府中東小金井線東京都府中市を南北に通る全長2,350mの都市計画道路です。

このうち、人見街道から東八道路間の約1,150mの区間で道路を新設する事業を行っています。

事業は1期区間と2期区間に分けられ、それぞれ認可日が異なります。1期区間は2010年4月7日に、2期区間は2016年4月5日に事業認可を得て府中市が施行者です。

幅員は16mで、そのうち車道幅は7mで自転車歩行者道が広く取られているのが特徴です。

▲2期区間の案内

施行者府中市
延長1期区間約744m
2期区間約411m
幅員16m
事業施行期間1期区間2010年4月7日~2026年3月31日
2期区間2016年4月5日~2023年3月31日
2020年5月14日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

今回工事が行われていた区間は、記事上部の図に示した範囲です。(撮影位置もすべてこの範囲です。)

工事区間の南側

多磨町通りより南側約80mの区間では、このように単管柵で囲われて工事が行われていました。

この区間では2020年12月より街築工事(施工者:村上建設株式会社)が行われていましたが、既に終了しています。当初工期は2021年3月26日まででしたが、この間見に来ていないので、どのタイミングで終了したのかはよくわかりません。

現在行われている工事の工事件名は「府中都市計画道路3・4・16号(一期区間)街築工事(第2-2工区)」で、2021年8月13日までの予定で、株式会社玉川造園が施工しています。

詳しい工事内容等はわかりませんが、横断防止柵等を設置するようです。

自転車歩行者道部分

自転車歩行者道部分には、自転車走行部分と歩行者部分を分ける柵を設置するための印が書かれていました。

このほか、車道と歩道を分離する横断抑止柵の設置も未了であり、これも設置するはずです。

既に植栽は設置されています。自治体によって発注順序が若干違って面白いですね。

北側から見た様子

工事は8月13日までとのことで、もしかすると来月あたりに交通開放があるかもしれません。

多磨町通りより北側

多磨町通りより北側については、用地の取得が進んでいるものの、いまのところ目立った工事は始まっていません。

公共工事の発注見通しによると、今年度は電線共同溝の整備工事を予定しているようです。

撮影日:2021年7月23日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました