府中あんず通り延伸 府中3・4・16号府中東小金井線 進捗状況2018.12

府中市で行われている府中3・4・16号府中東小金井線のうち第1期区間の進捗状況を見てきました。約1年ぶりです。

この道路はあんず通りとして供用されている道路の延伸部分に当たり、東八道路まで繋がることになります。

事業概要

府中3・4・16号府中東小金井線東京都府中市を南北に通る全長2,350mの都市計画道路です。

このうち、人見街道から東八道路間の約1,150mの区間で道路を新設する事業を行っています。

事業は1期区間と2期区間に分けられ、それぞれ認可日が異なります。1期区間は2010年4月7日に、2期区間は2016年4月5日に事業認可を得て府中市が施行者です。

幅員は16mで、そのうち車道幅は7mで自転車歩行者道が広く取られているのが特徴です。

▲2期区間の案内

施行者府中市
延長1期区間約744m
2期区間約411m
幅員16m
事業施行期間1期区間2010年4月7日~2026年3月31日
2期区間2016年4月5日~2023年3月31日
2020年5月14日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

ちなみに、東八道路から北側の小金井市方面も事業化の計画があるのですが、住民らの反対運動があり停滞しています。詳細は省略。

写真等

今回撮影したのは1期区間のみですが、2期区間も見た感じ用地取得が進んでいました。2期区間の周辺は都市計画公園の区域にもあたります。

2018年12月現在、府中都市計画道路3・4・16号(一期区間)街築工事(第1,2工区)が2018年6月27日~2019年3月29日までの予定で行われていました。

看板に掲示してあった平面図によると、このような構造になるようです。道路計画区間に並行して現在道路がありますが、それをやや生かした設計になっています。

街築が進む道路

去年は電線共同溝設置工事が行われていて、まだ道路らしくはありませんでしたが、今回の工事によって道路らしくなってきました。

この部分は並行して生活道路があるため、計画幅員16mよりやや広く見えます。

昨年の工事で施工された電線共同溝

電線共同溝が整備され、将来的に電線類は地中化されます。

街築が進む道路 その2

沿道はほとんどが住宅地です。

街築が進む道路 その3

このあたりの地形はほとんど平らですが、南の方が若干低くなっています

人見街道との交差点

人見街道と交わる部分はまだこんな感じでした。

撮影日:2018年12月28日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました