[京王線高架化]八幡山駅 現況2018.2

 
八幡山駅の改札

八幡山駅周辺は既に高架化されています。駅は高架上にあり、改札口は高架下にあります。

高架下は京王の商業施設「リトナード」が展開されています。

改札内コンコース

改札内はそれほど広くはなく、エスカレータやエレベータ、階段などで高架のホームに上がることになります。よくある高架駅です。

ホーム

ホームは島式のホームで、両側に通過線があります。よく特急などの通過待ちをしています。

昔はホームや線路の形状が違ったようです。

新宿方面側は屋根がなく、ホームの幅も狭くなっていました。

新宿方面

新宿方面南側には保線用の線路があります。

駅を過ぎると直ぐに高架を降り、上北沢駅へと向かいます。ホームからも上北沢駅が見えました。

将来は高架のまま繋がることになります。

八王子方面

八王子方面ホーム端には「八幡山信号扱所」がありました。現在も使っているのでしょうか?

留置線

八王子方面には留置線が2本分あります。この留置線も高架になっています。

撮影日:2018年2月23日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました