富山駅前のフラット型信号機

富山駅前にいわゆる「フラット型」信号機がありました。

この薄さ。
6センチ程度だとか。

昨年はノーベル物理学賞に日本人3人が受賞し、話題となりましたが、全国的にもLED信号機の設置が盛んですよね。初めて設置されたのは20年前の徳島県だそうです。

いまでは全国での車両用LED信号機の普及率は約40%(平成24年)。都内では70%を越えます。ただデータがちょっと古いので、いまではもっと高いでしょうね。

視認性も光の強さもOKですね。

この信号機は小糸製作所から開発されたようです。

LED信号機が普及し、雪国でも設置が進んだようですが、省エネの裏では発熱量が少なく、付着した雪が融けないという事態が発生。これを克服するためのこの薄さなんだとか。また設置の角度が普通の信号機よりも角度がついていて、これもミソらしい。

これは白馬や糸魚川市でもみかけましたが、じっくり見るのは富山駅前が初めてでした。

撮影日:2014年12月31日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました