登戸駅西側は1,2年でこれだけ変わった

登戸駅・向ヶ丘遊園駅周辺で行われている登戸土地区画整理事業ですが、登戸駅西側では宅地の使用が始まっています。

1,2年程度で大きく景色が変わっているので、今回は、1,2年前の写真とほぼ同じ位置で撮影し比較できるようにしました。

左側は2018年または2019年の写真、右側が2020年9月の写真です。

一部環境で画像が表示されない事象を確認しています。

2018年11月当時はまだ工事中だった川崎3・5・8号登戸野川線は通行が可能となり、沿道にはビルが立ち並びました。右側ではビルの新築工事が終わり足場の解体中です。

今は小田急線の手前で道路が止まっていますが、将来的には小田急線の下を通り抜けられるようになります。

小田急線側から見た登戸野川線です。左側は2018年11月の写真。

駅を出た目立つ位置にはパチンコ店が出店しました。まぁ川崎っぽい町になってしまったというか・・・。

こちらは2019年8月の写真との比較。

道路自体はこの時には通ることができましたが、この当時はやっと建物の建設が始まったくらいでした。2020年現在もまだ空き地がありますので、建物がこれからも建つことでしょう。

2018年11月と2020年の川崎3・5・17号登戸3号線です。当時はまだ旧津久井道(左奥に斜めに行く道)が残っていたのですが消滅しました。

2019年との比較。更地となっていた場所では建物の建設が始まっています。

2019年11月と2020年の川崎3・4・17号登戸2号線です。

道路の供用こそまだ始まっていませんが、道路整備済み延長は伸び、沿道では建物の建設が行われていました。左側には医療モールが開院予定のようです。

この道路は将来的には向ヶ丘遊園駅前まで伸びます。

2019年との比較。

左側で建設中だった建物の入居が始まっているようです。

2018年当時はここで営業していた登戸駅前郵便局は2019年6月3日をもって近隣に移転。曲面カーブを描いた特徴的な局舎でした。

道路も若干線路と反対側に移動し、路面の高さも低くなっています。

右側では新たに建物を新築中。

あと1年でもしたらもっと景色が変わっていそうです。今回は載せませんが、登戸駅南側の区域もそのうち工事が始まるでしょうし、記録しておかなければ今の景色は忘れてしまいそうです。

撮影日:2020年9月25日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

  1. sho より:

    いつも,楽しく見させて頂いています.

    Chromeで見ていますが,比較写真がまったく見えません.
    なにか,方法がありますでしょうか?
    よろしくお願いいたします.

  2. sho より:

    すみません,
    リロードしたらOKでした.

    • yunomi-chawanyunomi-chawan より:

      ありがとうございます。
      私もスマホで見たところ画像が表示されないことがありました。
      原因はわかりません……

タイトルとURLをコピーしました