町田3・3・36号相原鶴間線(南町田) 進捗状況2022.3

町田市で事業が行われている町田3・3・36号相原鶴間線(南町田)の進捗状況を見てきました。

引き続き用地取得が続けられており、工事は行われていません。

事業概要

町田3・3・36号相原鶴間線町田市相原町から町田市南町田(旧:鶴間)に至る延長18,120mの都市計画道路です。このうち上記で示した町谷原通りから国道16号に至る区間で道路を新設する事業を行っています。

施行者は東京都で、事業認可は2014年2月3日です。事業延長は約790mで、幅員は25m、開通時は暫定2車線となる予定です。

施行者東京都
延長約790m
幅員25m
車線数暫定2車線
事業施行期間2014年2月3日~2026年3月31日
2020年9月26日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

①町谷原通りから(地図

この先が事業区間です。

東京都のサイトによると、2021年4月1日現在の用地取得率は53%で、1年前と比べて3ポイント増加しました。

ここからの景色では、2019年11月と比べて右側の民家が更地になっていました。

②田園保育園南側(地図

田園保育園の南側では、用地がまとまって取得されています。

③飛鳥病院東側(地図

やや高低差があり、この付近は複断面となる計画です。

④の地点(地図

この付近は、準工業地域及び第2種中高層住居専用地域のため、大きな建物や工業系の立地が多くなっています。

⑤の地点(地図

⑥南町田グランベリーパーク駅北側(地図

南町田グランベリーパーク駅の北側はまとまって用地が確保されています。何らかの工事が始まっても良さそうですね。

この左側にあった寝具洋品店(丸八真綿)は解体され更地になっており、現在はビジネスホテルを建設予定であることを知らせる「建築計画のお知らせ」が掲示されていました。建築主は寝具洋品店の関連会社(丸八アセット)で、設計者は日創アーキテクトとなっています。どんなビジネスホテルができるか不明ですが、日創アーキテクトは東横インの設計を多く手掛けています。

撮影日:2022年3月12日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0220)

コメント

  1. 匿名 より:

    中々進まない道路ですね。ビジネスホテルや保育園が新規でできているところなので難しいのでしょうか?町田も人口増加で車が多く渋滞が激しいので早くやっていただきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました