補助第216号・千歳烏山駅周辺 進捗状況2018.2

千歳烏山駅周辺で事業中の補助第216号線(都市計画道路)世田谷区画街路第14号線(都市計画道路)千歳烏山駅前広場(都市計画交通広場)の進捗状況を見てきました。

上図の区域で事業を行っています。事業認可は2014年(平成26年)2月28日で、京王線の連続立体交差事業と並行して行われています。

事業概要

補助第216号線世田谷区鎌田三丁目から杉並区宮前五丁目に至る延長約8,640mの都市計画道路です。このうち上記図で示した延長約370mの区間で道路を新設する事業を行っています。幅員は16mとなる見込みです。

また、世田谷区画街路第14号線世田谷区南烏山五丁目地内の延長約31m(交通広場約4,000平方メートル)の都市計画道路です。交通広場事業千歳烏山駅東口広場は約500平方メートルの交通広場です。これらは上記で示す全区間・区域で事業を行っています。世田谷区画街路第14号線の幅員は19.5mとなる計画です。

事業認可はいずれも2014年2月28日で、施行者は世田谷区です。

補助第216号線(千歳烏山駅付近)
施行者世田谷区
延長約370m
幅員16m
事業施行期間2014年2月28日~2023年3月31日
2020年7月1日現在
世田谷区画街路第14号線
千歳烏山駅東口広場
施行者世田谷区
延長世区街14:31m(交通広場面積約4,000m2)
東口広場:面積約500m2
幅員世区街14:19.5m
事業施行期間2014年2月28日~2023年3月31日
2020年7月1日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

補助第216号線

旧甲州街道

交差点の奥付近から右向きに事業認可区間になります。

補助第216号線は左側(甲州街道側)にも計画はありますが、現時点では事業化していないようです。

松葉通りとはクランクになりそうです。

旧甲州街道と京王線の間

一部で用地の取得がされていました。

この道路は全区間でほぼ平坦で、高低差はほとんどありません。

京王線から北向き

京王線の場所から北(旧甲州街道方面)を見ています。

京王線

この付近で京王線と交差します。左が旧甲州街道方面です。

京王線は高架化するので、京王線とは立体交差します。

三井のリパーク付近

左側の三井のリパークは道路予定地にそって既に用地取得され、駐車場面積が狭くなっていました。駐車場区画線などはそのままになっています。

右の建物は「ザ・パークハウス千歳烏山グローリオエアリーコート」というマンションです。右の道路はマンションの駐車場に繋がる私道ですが、将来一般道になってもいいようにしてあるようです。

南端

ここをまっすぐと繋がります。

完成済みの南側

世田谷区としては幅の広い道路がまっすぐと伸びています。この先榎交差点まで繋がっています。

幅が広いためか路上駐車が目立ちました。

千歳烏山駅周辺の駅前広場

駅前の通り

左側に交通広場ができるようです。

現在は商店や住宅が広がっています。駅前にしては比較的低層な建物が多い印象です。

将来広場になっている場所

将来的にはここは広場の中心でしょうか。

現段階で詳細な計画はよくわかりませんが、駅北側の建物内で無理やり折り返しているバスなどがこちらの広場に来るようになるのではないでしょうか。

撮影日:2018年2月23日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました