スイッチバック旅(4) 25‰勾配の上にある韮崎駅

かつてスイッチバック式だった駅に降りていく今回の旅。

勝沼ぶどう郷駅から中央本線の普通列車に乗り、韮崎駅で下車しました。

韮崎駅もかつてスイッチバック式の駅でした。1970年に複線化に伴いスイッチバックは解消しています。

降りた瞬間に感じるホームの傾斜。これは期待できます。

電車が行ったあとに線路を見ると、25パーミル(‰)の勾配標が立っていました。1000m進んで25m上る勾配を表しています。

25‰=2.5%のこと。道路だと大した勾配ではないように感じますが、鉄道ではこれは急な勾配です。首都圏で言うと、中央線の三鷹~武蔵境駅間の高架線に上る勾配が24‰のようですので、そんな勾配のところにホームがあります。

昔の鉄道ではこのような勾配にホームを作ることができなかったので、平らな場所にホームを作り、スイッチバック式としていました。

ホームから東京方面を見ています。

かつてはこの右側に引き上げ線があったそうです。航空写真を見るとちょっとした茂みが見て取れますが、それがそうだったのかはよくわかりません。

ちなみに現在、こちら側には中線があり貨物列車などが使っているようです。

小淵沢方面を見ています。

線路の右側(北側)に保線用の線路が少しだけ伸びています。かつてはこの保線用の線路がもう少し先まで伸びていて、ホームが存在したようです。

現在のホームの小淵沢寄りです。

ホームからは駅前広場公共施設が見えますが、かつてはこのスペースにホームがありました。ホームの端から端を移動しただけでこの高低差ができるのですから、かなり急勾配であることがわかると思います。

ちなみに、上り線のホームの長さは332mで八王子支社管内で最長です。

さて、駅を出てみようと思ったら、駅構内にこんな掲示物がありました。韮崎駅115周年だそうです。(でも2019年では116周年)

この右下の写真には昔の駅が写っています。蒸気機関車が走っているあたりが現在のホームでしょうか。

駅を出ました。直営駅のようです。

駅前には駅前広場があります。何度も言うように、ここはかつてのホームがあった場所です。

駅のすぐ近くには大規模な商業施設もあって、甲府~上諏訪の間の駅ではもっとも駅前がにぎやかに見えます。

駅前広場の先にあるのは「二コリ」という公共施設です。

建物の外観も、内装も綺麗で最近できた建物なのかなぁ・・・と思ったら、1984年~2004年にイトーヨーカドーとして、2004年~2007年にオギノとして営業した商業施設の居抜きのようです。

古い航空写真を見ると、線路はもう少し先まで伸びていたようです。ちょっと怪しいカーブを描いた小道が奥に伸びていました。

さて、韮崎駅はこれくらいにして、次の電車で次のスイッチバック駅を目指します。

撮影日:2019年9月15日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました