多摩センターの「レンガ坂」改修工事開始

多摩センター駅南西側のレンガ坂市道5-35歩線)で、改修工事が始まります。

レンガ坂は多摩センター駅南西側にある自転車歩行者道で、多摩ニュータウン事業により周辺と一体的に整備されました。

都市計画道路として1977年に都市計画決定されています(多摩8・5・5号多摩センター西線)。

2020年3月12日には、都市計画法に基づく事業認可を得て、多摩市が改修事業を進めています。

事業概要


多摩8・5・5号多摩センター西線多摩市にある都市計画道路です。レンガ坂として親しまれている、自転車歩行者道です。

このうち、上記で示した区間では、改修工事が行われています。

 

施行者多摩市
事業施行期間2020年3月12日~2023年3月31日
2020年3月12日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

 

写真等

レンガ坂

多摩ニュータウンには無数の自転車歩行者道が張り巡らされており、駅からニュータウンの端まで車道と一度も平面交差せずに行くこともできるほどです。

レンガ坂もその1つで、多摩センター駅から南側の鶴牧地区などへ至る自転車歩行者道のメインルートとなっているほか、東側には多摩中央公園、西側には商業施設「クロスガーデン」があり、日中でも多くの歩行者などが行きかっています。

景観が優れているためか、テレビドラマでもたびたび使われている道路ですね。

レンガ坂」という通り、炻器質せっきしつレンガタイル敷の坂道になっています。多摩市の資料では「炉器質」と書かれていますが、「炻」の誤りだと思います。)

多摩市が現地に掲示した資料等によると、レンガ坂では、歩行者と自転車の交錯や、自転車のスピードの出しすぎ、雨天時等に滑る、大径木化した樹木の倒木等の問題を抱えており、こうした問題の改善に取り組むとしています。

道路の構成を変更するほか、舗装材もアスファルトに型を押し付けてレンガのような模様にしたもの(ストリートプリントや型押しアスファルトなどと呼ばれる)に変更するとしています。

また、桜美林大学多摩アカデミーヒルズ前の広場についても改修する予定となっています。

工事件名は「市道5-35号歩線道路改良工事」で、株式会社フジタ東京支店が施工します。

改修工事は2022年1月より樹木の伐採工事を行う予定と掲示がありました。

レンガ坂橋

レンガ坂に隣接した多摩中央公園内では、多摩市立図書館(本館)の移設建設工事が進められています。

多摩市立図書館建設現場

既に土留めなどをしながら工事が進められていて、現場には「2023年5月開館予定」と掲示がされていました。

今後は、多摩中央公園そのものの改修工事も予定されています。

 

撮影日:2022年1月15日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0890)

コメント

  1. 欲しがりません、死ぬまでは より:

    今朝サイクリングがてら付近を見てきました。
    大きめのクレーンが建って工事バリケードで思うように行き来できなかった。湯呑茶碗さんもたいへんな思いをすることもあるのでしょうね

    • yunomi-chawanyunomi-chawan より:

      多摩中央公園は仮囲いがあって池の西側を通り抜けることができなくなっていますね。

タイトルとURLをコピーしました