放射第35号(環八通り~川越街道)の両側歩道が開放

2020年3月13日追記

環八通り川越街道間が3月30日15時に暫定開放されます。

工事が終わった後もなかなか交通開放されない放射第35号線(環八通り~川越街道間)ですが、8月20日13時に両側歩道が開放されました。

これまでは両側の歩道のうち、どちらか片方のみが開放されていた状態でした。

車道については、今年春の時点で暫定2車線でほぼ完成していましたが、交通開放されない状態が続いています。どうも小学校への安全対策がどうのこうのという話のようですがよくわかりません。

こちらが事前の案内です。現地に掲示されていたほか、担当事務所の第四建設事務所のWEBサイト上でも公開されていました。

地図を拡大したものです。

「歩道開放区間」と書かれた反対側の歩道は以前より開放されていました。

放射第35号線豊島区豊玉町三丁目から埼玉県境に至る延長約8460mの都市計画道路です。放射第36号線豊島区要町一丁目から練馬区平和台三丁目に至る延長約4270mの都市計画道路です。

このうち上記で赤色で示した区間で事業が行われています。現在の要町通りを延伸し、新大宮バイパスに接続する計画です。

施行者は東京都で、都道として整備されます。なお、事業認可が図の通り異なります。

2004年(平成16年)12月28日に事業認可された区間は、延長約1,330mで、放射第35号線(早宮・北町)と呼ばれています。環八通りとはアンダーパスで立体交差します。


2011年(平成23年)12月1日に事業認可された区間は、延長約1,970mで、放射35・36号線(小茂根・早宮)と呼ばれています。

放射第35号線(早宮・北町)
施行者東京都
延長約1,330m
代表幅員40m
事業施行期間2004年12月28日~2024年3月31日
一部暫定開通環八通り~川越街道間(2020年3月30日15時)
一部暫定開通平和台トンネル(2024年2月24日16時予定)
2024年1月15日現在
放射第35号及び35号(小茂根・早宮)
施行者東京都
延長約1,970m
代表幅員40~50m
事業施行期間2011年12月1日~2024年3月31日
2020年6月2日現在

 

2024年1月15日追記

環八通りをくぐる平和台トンネルについて、2024年2月24日16時に暫定2車線で交通開放されます。


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

新大宮バイパス入口交差点

川越街道新大宮バイパスが交わる交差点です。

3月の時点ではカラーコーンや単管バリケードによって簡易的に塞がれていましたが、その後重量のある置きガードレールに変更されました。しばらく交通開放はないことの表れなのでしょう。

歩道(12時過ぎ)

今回開放された歩道です。

歩道(13時過ぎ)

13時頃より、最後の道路築造工事を行った戸田道路の作業員と東京都職員が来て、単管バリケードの撤去を行いました。

侵入を防ぐ柵

歩道と車道の間には柵が設置されています。隙間ができないように念入りに確認していました。

看板

現地にはこのような看板があちこちに設置されていました。

開放された歩道

歩道は幅10mありますが、幅約3mのみ開放となっています。

 

北町五丁目南交差点

放射第35号線と交わる道路はこのように暫定整備されています。

本来なら横断歩道を設置して信号機が稼働しているはずですが、交通開放が長引いたためか、カラー舗装と法定外表示による対応がされています。

北町西小学校北交差点
平和台駅北側の西側歩道

このような状況です。

(おまけ)平和台駅前の立体交差工事

氷川台方面へ延伸する際に利用する、環八通りとのアンダーパス工事が行われています。

工事期間が延長され、12月26日までとなっています。

平和台駅前交差点

こんな感じですね。

撮影日:2019年8月20日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました