日野バイパス(延伸)東豊田地区で改良舗装工事着手 2022.2

日野市で事業が行われている国道20号日野バイパス(延伸)のうち、東豊田地区で改良舗装工事が始まっていました。

国道20号日野バイパス(延伸)では、現在、上記の工事が行われています。いずれも2020年度に発注され、川辺堀之内地区豊田南地区は2021年の時点で現場着手していました。

今回、東豊田地区も現場着手されました。入札は2021年3月2日のことで、約1年経って現場着手となっています。(余裕期間制度(任意着手方式)の適用工事です)

事業概要

日野市八王子市では国道20号20(現道)のバイパスとして、日野バイパス(延伸)日野バイパス(延伸)Ⅱ期の事業が行われています。

施行者は国で、日野バイパス(延伸)は2005年度から、日野バイパス(延伸)Ⅱ期は2017年度から事業が行われています。

なお、沿線では日野市および土地区画整理組合により土地区画整理事業が行われています。土地区画整理事業の施行区域では同事業によって用地を捻出する予定です。

ちなみに、都市計画道路名称は日野3・3・2号東京八王子線八王子3・3・2号東京八王子線です。

日野バイパス(延伸)
施行者
延長約3.8km
幅員28~48m
事業化2005年度
2020年5月6日現在
日野バイパス(延伸)Ⅱ期
施行者
延長約1.5km
幅員28~60m
事業化2017年度
2020年5月6日現在

日野バイパス(延伸)Ⅱ期の西側では、別に八王子南バイパスの事業が行われています。八王子南バイパスについては下記をご覧ください。


この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

東豊田地区→川辺堀之内地区→豊田南地区の順に掲載します。

東豊田地区

東豊田地区の看板

東豊田地区では、「R2国道20号日野BP(延伸)東豊田地区改良舗装工事」が行われています。

施行者は常盤工業株式会社で、2022年3月31日までの予定です。工期が延伸されるのは間違いないと思います。

この工事の看板では、「2021年2月3日頃から」と書かれていますが、これは入札前の日付なので間違いではないかと思います。

①東豊田地区東端付近(地図

東豊田地区は、組合施行の東豊田土地区画整理事業によって道路予定地が暫定整備された区間と、用地買収等によって用地を取得した区間が含まれています。用地取得が必要だった区間の用地取得はほとんど完了しているようです。

情報提供によって入手した工事設計図面によると、工事後は完成4車線とはならず、豊田地区と同様に暫定2車線での整備となるようです。

上の看板にもありますが、2022年2月8日より、東豊田地区東側の歩行者通路が切替えられる予定とのことです。

①切替え予定の歩行者通路(地図

2月5日現在、切回す歩行者通路の工事が行われているようには見えず、2月8日に間に合うのかなぁとちょっと気になりました。

②東豊田地区中間付近(地図

この付近ではいまのところ現場作業はまだ行われていないようです。

③東豊田地区から豊田方面(地図

この先(カラー舗装の奥)の区間は東豊田地区土地区画整理事業によって暫定整備された区間で、仮囲いの中に現場事務所が設けられていました。

川辺堀之内地区

川辺堀之内地区では、「R2国道20号日野BP(延伸)川辺堀之内地区改良舗装その1工事」が行われています。

施行者は戸田道路株式会社で、2022年3月31日までの予定です。

川辺堀之内地区は、組合施行の日野市川辺堀之内地区土地区画整理事業によって道路用地が確保され、その道路用地の両脇に約6mの暫定道路が土地区画整理事業によって整備されていました。

工事設計図面によると、今回の工事では、下図のように暫定2車線として整備されるようです。

現地の掲示物によると、2022年1月31日より車道の切替えがありました。※1月23日に来た際には「1月27日~」と書かれていましたが、変更となったのでしょうか。

これまで南側の道路を整備してきましたが、南側の車道部分の完成により、北側の工事に着手しています。

④川辺堀之内地区西側の様子(地図

これが切り替えられた車道です。歩道部はまだ整備されていません。

④北側車道

北側車道は沿道関係者のみの開放となっています。

⑤坂下交差点側から(地図

工事起点側はこのように切回しがされています。

川辺堀之内地区では、今年度、「R3国道20号日野BP(延伸)川辺堀之内地区改良舗装その2工事」の発注が予定されています。

豊田南地区

⑥豊田南地区(地図

豊田南地区では、昨年に引き続き、「R2国道20号日野BP(延伸)豊田南地区改良舗装工事」が行われています。施工者は福田道路株式会社で、2022年3月31日までの予定です。

写真⑥の箇所では、市道が道路予定地を横切っていましたが、工事の進展に伴い、2021年12月20日より封鎖されました。これに伴い、この先にあった横断歩道も廃止となっています。

この手前側の市道については、日野市施行の豊田南土地区画整理事業によって付け替えられる予定ですが、現在のところ2023年度までに整備予定はないようです。

⑦坂下部分(地図

2月12日現在、街渠などの整備が進んでいました。

現場掲示のお知らせ

現場に掲示してあった看板によると、2022年2月下旬に車道の切替えが予定されているとのことです。当初は2月上旬を予定していたとのこと。

この工事、設計変更でもされたんですかね。発注当初の図面を見ると、本線と副道の間に擁壁を設置するような図面になっていましたが、この看板を見る限り、それがなくなっているように見えます。

⑧坂下の交差点

坂下の交差点には、切替え後に使用すると思われる信号機が準備してありました。

撮影日:2022年2月5日、12日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。(0000)

コメント

タイトルとURLをコピーしました