日野3・4・3号落川平山線(川崎街道)三沢Ⅱ期 進捗状況2020.11

日野市で事業が行われている日野3・4・3号落川平山線(三沢Ⅱ期)の進捗状況を見てきました。

川崎街道として親しまれている道路で、現在幅員約10mの道路を18mに拡幅するものです。2015年に事業認可を得て事業を行っています。

事業概要

日野3・4・3号落川平山線日野市百村から日野市平山五丁目に至る延長約5,670mの都市計画道路です。このうち上記で示した区間では三沢Ⅱ期として道路を拡幅する事業を行っています。

この道路は川崎街道という通称道路名が設定されています。拡幅前の現況幅員は約10mで2車線となっています。

施行者は東京都で、都市計画法の事業認可の告示は2015年8月20日です。事業延長は約790m、計画幅員は18mで2車線となる計画です。

施行者東京都
延長約790m
幅員18m
車線数2
事業施行期間2015年8月20日~2022年3月31日
2020年12月12日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

撮影位置はこの通りです。

①事業区間西端(地図

程久保川と交わる三沢橋から先が事業区間となります。

この西側の高幡不動側は拡幅が完了しています。

この橋もいずれは架け替えることになるんでしょうか。

②京王動物園線と交差する(地図

京王動物園線と交差します。

現在の橋梁は幅も狭く、高さも約4.5mとなっています。

現在、道路拡幅に伴いこの橋梁の工事が進められています。

工事案内

工事は東京都が京王電鉄に委託し、京王電鉄が東急建設株式会社に発注して進められています。

主な工事内容は京王線の橋を架け替えるもので、工事期間は別の看板によると2022年3月31日までとなっています。

この手の工事は電鉄会社グループの土木会社(この場合京王建設)が施工することが多いんですが、今回は東急建設が施工しています。

この工事で桁下の高さも変わるのか気になるところです。

③京王線東側(地図

この付近は概ね南側(右側)に拡幅する形で、この先は緩やかな左カーブを描きながら両側を拡幅します。

④ガスト付近(地図

少しずつ用地取得が進められていますが、事業開始から5年程度ということもありまだまばらです。

東京都のサイトによると、2020年4月1日現在の用地取得率は41%とのことです。

⑤少しずつ用地取得が進められている(地図

場所によってはまとまって用地が確保されている箇所もありました。

現在は特に工事は行われていないようです。

⑥の位置(地図

現地は概ね平らながらも、北側(左側)に向かってやや下り坂となっていて、一部高低差の処理が必要そうな場所も見られました。

⑦変電所付近(地図

変電所の敷地も一部道路用地のようですが、道路予定地には変電所施設は建っていないように見えました。

この先の左側にはホームセンター「ヤサカ高幡店」がありましたが、2018年8月19日に閉店し、その敷地の一部にヤサカの自転車専門店として「Breeze Cycle高幡店」が2018年9月15日にオープンしています。

また、ヤサカの残る土地にはドラッグストアのクリエイトSDがオープン予定で、看板が設置されていました。

自転車店も店先の部分がいずれ道路になりそうに見えました。

⑧事業区間東端

この先は三沢Ⅰ期として別に事業が進められています。

撮影日:2020年11月30日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました