調布3・4・11号柴崎駅下石原線(佐須街道) 進捗状況2019.4

調布市で事業が行われている調布3・4・11号柴崎駅下石原線の進捗状況を見てきました。

事業概要

調布3・4・11号柴崎駅下石原線調布市菊野台一丁目から調布市富士見町二丁目に至る延長約2,620mの都市計画道路です。一般には佐須街道として親しまれています。このうち、佐須町交差点から富士見町三丁目交差点に至る延長約950mの区間で事業を行っています。

事業認可は2006年11月24日で、施行者は東京都です。現在ある道路を幅員16mに拡幅します。

調布保谷線(武蔵境通り)の整備により増加する交通量の受け皿となる道路として調布保谷線と一体的に整備するものです。

施行者東京都
事業延長約950m
幅員16m
事業認可期間2006年11月24日~2023年3月31日
2020年8月24日現在

この枠内の情報は随時更新されます。記事本文の情報と枠内の情報に時間的差異が生じる場合があります。

写真等

2019年4月14日現在、工事は行われていませんでした。

撮影位置はこの通りです。

①佐須町交差点

横切る道路は三鷹通りで、この先が事業区間となります。

調布市道ですが東京都が整備を行っています。

この佐須町交差点は4方向とも右折レーンが設置されていません。

②佐須町交差点の西側

少しずつ用地取得が進んでいます。まだ大きな工事は行われていないようです。

沿道には住宅が多いです。

③野川を横断する

又住橋野川を横断します。現在の橋は片側のみ歩道があります。将来的に架け替えが必要なものと思われます。

④武蔵野市場前交差点

武蔵野市場前交差点付近でも用地取得が進んでいます。

右側の建物が深大にぎわいの里 調布卸売センターです。昔は武蔵野市場と呼ばれていたそうですね。

ちなみに、交差点の右側(北側)の調布3・4・30号調布駅深大寺線はあり方の検討が行われています。

⑤武蔵野市場前交差点

この交差点も4方向とも右折レーンは設置されていませんが、それほど渋滞しているイメージはないです。

⑥西側区間

西側の区間についても用地取得が進んでいます。

奥には中央自動車道E20が見え、下をくぐります。

御塔坂おとうさか交差点

武蔵境通り御塔坂交差点とその一帯にぶつかって事業区間は終了します。

この交差点は複雑な構造をしています。どうやって整備するつもりなのでしょうか・・・?

撮影日:2019年4月14日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました