京王 新5000系に乗る

6月末に若葉台に運ばれた京王線の新5000系が9月29日から営業運行を開始したと聞いて、10月2日乗ってきました。若葉台への陸送については過去記事。

 

京王線 新5000系陸送(6/26)
6月26日の未明、京王線の新型車両である新5000系2両の陸送が行われました。2両のうち1両は先頭車両でしたが、白いもので覆われて様子を見ることはできませんでした。 後日、駅構内の入れ替えも行われて...

新宿駅に到着した5731F、LED前照灯の明るい光がホーム入線から輝いていました。前面は京王らしかぬフォルムで斜めになっています。

あとで電車を降りてから撮影した写真。今までの京王線の電車とはひと味違ったフォルムで、新車ということもあってピカピカです。

車内は茶色を基調とした落ち着いた色になっていました。通路の中央部分にもLCDが設置されていました。椅子が大きくなったせいか若干圧迫感を感じました。通路も狭いのではないかな。

椅子はヘッドレスもついた6人掛け。一般的な7人掛けより減っています。定員も減っていて、乗っているとやはり窮屈さはありました。この電車は来年春から座席指定列車としても使われる予定です。

優先座席は固定の3人掛けです。長時間座っていると腰にきました。腰の部分、もう少し膨らみがあった方が個人的にはうれしいかな。都営10-300系3次車以降の方が座り心地がいいかも。

これに乗った10月2日現在は一般広告は掲示されておらず、LCDも京王線独自の広告が流れていました。

春から始まる座席指定列車、愛称も含めてどうなるか、半年ほど期待ですかね。

撮影日:2017年10月2日 記載内容は執筆日または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました